ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年11月01日 06時00分
久住小春(C)ORICON DD inc. 
高橋愛(C)ORICON DD inc. 
亀井絵里(C)ORICON DD inc. 

久住小春、モー娘。卒業後の進路は「正直、不安」

■その他の写真ニュースはこちら

 新曲「気まぐれプリンセス」を10月28日に発売したばかりのモーニング娘。が同日、東京・原宿のアメーバスタジオでメンバーの久住小春の卒業特番に生出演。12月6日のコンサートでの卒業が決まっている久住は本番後、ORICON STYLEの取材に対し「正直、今後についてはどうなってしまうのか不安なんです」と進路にとまどいがあると明かした。

 久住は、オーディションを経て2005年5月にモー娘。の7期メンバーに加入。それからの4年間は「とにかく、ハロー! プロジェクトとモー娘。のツアーで、毎週ライブをやっている感覚」だった。「そう考えると、ファンの方と交流が無くなるのは寂しい」と悲しげに話す。

 2006年にはテレビ東京系アニメ『きらりん☆レボリューション』の主人公・月島きらり役の声優に大抜擢。多忙さは増すばかりだったが「小さい子はもちろん、お母さんや高校生の子にまで役名で呼ばれたり」するなど、一気に自身の知名度を押し上げるキッカケとなった。ヒットの実感は「正直なかった」というが「今でも心の中にあるし、愛してます」。

 駆け抜けるように4年半が経過した今年9月、モー娘。のコンサートで卒業を発表。プロデューサーのつんく♂は「本人の希望するモデルとしての新たな出発を目指し、新しいステップに進ませようと思います」とコメントしたが、久住は「実は、具体的に『これをやりたい!』とか、決まっているものは何1つない」という。

 それだけに可能性は無限大だ。「今後は色々な事にチャレンジしていきたい」と卒業発表時に意欲をみせた。モデル活動は「もちろんやってみたい」し、例えば全く別次元のお笑い活動も「やれるなら是非やってみたいと思う」と消極的な姿勢はない。

 ちなみに、天然キャラで「アドリブより、何か役になりきった方がやりやすい」という久住に「コント芸人は?」と提案してみると、横にいたメンバーは「それいいよ! 芸人になってM-1やR-1に出演したほうがいいよ!」と同調していたのが印象的だった。

◆ハロプロユニットの情報も満載!
「アイドル」関連ニュース記事一覧



 モーニング娘。モーニング娘。さくら組モーニング娘。おとめ組モーニング娘。誕生10年記念隊

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。