ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年10月27日 16時00分
水樹奈々 (C)ORICON DD inc. 
(左から)関根麻里、水樹奈々、テリー伊藤 (C)ORICON DD inc. 

『紅白』史上初のデジタル応援隊を設立 水樹奈々は起用に「光栄です」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 NHKは27日、今年で60回目を迎える大みそか恒例の『紅白歌合戦』に初めて「紅白デジタル応援隊」を設立し、声優で歌手の水樹奈々を起用することを発表した。水樹は「ちっちゃいころから年末といえば紅白。応援隊に任命されて光栄です」と、緊張で言葉を噛みながらも声を弾ませた。同応援隊は、本番までにインターネットやブログなどに特化した様々なPRを展開し、紅白応援隊の関根麻里テリー伊藤と共に年末の風物詩を盛り上げていく。

 新たに応援隊に加わった水樹について、テリーはこの日阪神への移籍を表明した城島健司捕手と絡め「凄い人が来てくれた。阪神に城島が来るのと一緒。奈々ちゃんはまさに応援隊の城島ですよ!」と絶賛。NHK総合テレビの音楽番組『MUSIC JAPAN』で水樹と共演している関根も「心強いです〜」と飛び跳ねながら喜んだ。

 水樹は自身の目線で紅白情報を紅白公式サイトのブログを通じて発信していく。さらに本番60日前となる11月1日(日)からは、水樹の画像やささやきボイスが聞ける紅白特製ブログパーツでカウントダウンを演出する。同ブログパーツは10月30日(金)午後0時より配布。

 『NARUTO-ナルト-』の日向ヒナタ役や『鋼の錬金術師』のランファン役など声優として活躍する水樹。歌手としても、今年6月3日に発売した通算7枚目のアルバム『ULTIMATE DIAMOND』が発売1週目で1位となり、声優史上初の首位獲得アーティストに輝いている。

 今年の紅白は60回目の節目とあり、開始時刻を例年より5分前倒しして午後7時15分から11時45分(5分間のニュース中断あり)まで、史上最長の4時間25分にわたって放送することが決定。節目イヤーに向け、2007年から“歌力(うたぢから)”をコンセプトに掲げており、今年はその集大成で“歌の力∞無限大”をテーマとしている。

◆特集 『第60回 NHK紅白歌合戦』出場歌手を大予想! 関係者に直撃インタビューも


 水樹奈々

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。