ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年10月14日 18時50分
浦島みつお(せんだみつお)〔中央〕 (C)ORICON DD inc. 
ステージに乱入 (C)ORICON DD inc. 

せんだみつお、再び改名!? ABBA GOLDの“前座みつお”に

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 芸能生活50周年を迎え、今年7月8日より1年間限定で“浦島みつお”へ改名したタレント・せんだみつおが14日、東京国際フォーラムで同日から公演される『ABBA GOLD』の公開リハーサルに応援隊長として“乱入”。「日本でほとんど仕事ないので、連れて行って。前説とか拍手の練習とかやります」と今後のツアーへの同行願いでメンバーに頭を下げ、改名宣言したのをあっさり取り消し「前座みつおもいいですね」と自らの思いつきに満足げだった。

 同公演は、1970年代後半から80年代前半にかけて世界を魅了した、スウェーデン出身の4人組ポップグループ・ABBA の全盛期のライブを、そっくりそのまま再現するエンターテインメントショー。歌唱、パフォーマンス、スウェーデン訛(なま)りの英語MC、楽曲アレンジ、コスチュームに舞台セットまで完全コピーしている。2003年にドイツでスタートし、欧米各地で200万人以上を動員する人気ぶりは本家ABBAをもしのぐほどで、2007年の日本初公演の際は、ABBAの再結成公演と勘違いした人が続出した。今回は昨年に続いて3度目の来日公演。

 ABBAの代表曲でもある「マンマ・ミーア」はイタリア語で、言葉の意味は英語の「Oh!my God!」とほぼ同意だが、新ネタの「マンマ・ミーア!」についてせんだは、「由利徹さんの“おしゃまんべ”やビートたけしさんの“コマネチ”の流れを汲む」「発音に特徴があって、難しい」などと説明。通訳がどう伝えたのか不明だが、英国出身のメンバー4人はで、「よくわからないけど、楽しい」「本当に面白い方で、お目にかかれて光栄です」と笑顔を絶やさず、何度もせんだのネタに付き合うプロ根性を見せた。

 せんだは「ABBAの全盛期は、僕にとっても黄金期だった」とABBAの曲に合わせてステージ上で踊ったり、新ネタ「マンマ・ミーア」や往年の「ナハナハ」などを来日メンバー4人に強要したりして「メンバーの一人になったみたい」と大喜び。ABBAの全盛期と同時期、文化放送のラジオ番組『セイヤング』のDJやTBS『ぎんざNOW!』の司会を務めており、「僕らの年代はみんなABBAが大好き」と当時に思いを馳せながら「ABBAがABBA GOLDでよみがえった。ゴールドだけに私にも第2の黄金期を!」と必死にアピールしていた。

 『ABBA GOLD Greatest Tour 2009 〜甦る伝説のコンサート〜』は18日まで同会場にて連日公演。


 ABBA

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。