ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年10月06日 14時50分
コンビを組む水谷豊と及川光博 (C)ORICON DD inc. 
水谷豊 (C)ORICON DD inc. 
“新相棒”の及川光博 (C)ORICON DD inc. 

水谷豊、“新相棒”ミッチーに「すぐ逃げないで!」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 俳優・水谷豊及川光博が6日、都内で行われた人気ドラマシリーズの最新作『相棒 season8』(テレビ朝日系)の製作発表会見に出席。同作より“新相棒”を務める及川は「本当に優しくて、転校生に良くしてくれる先生のよう」と水谷の印象を語った。これを受けた水谷は、照れ笑いを浮かべながら「すぐに逃げられちゃいけないから」と返すなど、2人は早くも絶妙なコンビネーションを披露し、会場を盛り上げた。

 同作は、2000年6月に「土曜ワイド劇場」の一作品としてスタートし、今年で10年目に突入。優秀なキャリア組でありながらも、その“変人”ぶりが災いし、出世コースから外れた杉下右京警部(水谷)と、警視庁のリストラ対象にされたうえに、杉下と組まざるを得なくなった亀山薫巡査部長(寺脇康文)。“人材の墓場”とまで言われた特命係に追いやられてしまった2人の活躍が描かれてきた。

 ところが、前シリーズ“season7”で長年の“相棒”だった亀山が卒業。最終回でついに新しい相棒・神戸尊(及川)が登場し、次回シリーズへの期待感を煽っていた。10年の歳月に水谷は「“7”まで結構活躍してきたので、出世するかなと思っていたのですが、結局出世してませんでしたね」と語り笑いを誘う。

 “新相棒”に抜擢された及川は「意外なキャスティングだと我ながら思いました。でも、人生において大きなチャンスだと思ったし、掴まなくてはいけないと思った」と同作にかける並々ならぬ想いを明かす。水谷は及川の印象について「演技をするうえで飾らない人。ごまかしてないですね。意外なのは、プライベートは結構“ブロック”しているのかなと思っていたのですが“ノーブロック”でした。非常にチャーミングな方でしたよ」と印象を明かすと、及川も「常に両手ぶらり戦法ですよ!」と返し仲の良さをアピールした。

 8月からクランクインし、徐々に“転校生気分”も抜けてきたという及川は、憧れの俳優という水谷を間近で見つめた印象を「テレビと一緒だ!っていう感じです。本当に優しい方です。でも、意外におっちょこちょいで、撮影現場にコーヒーだったりエビフライだったり、いろいろこぼしますね」と意外なエピソードを披露。これには水谷も苦笑いを浮かべつつ「ロケ弁の最後にとっておいた大事なエビフライがねぇ。悔しかった!」と語り、会場を笑いに包んだ。

 10年目に突入した同シリーズについて、水谷は「『相棒』は常に“今”を見据えてやってきたと思います。新シリーズも及川さんと共に遠くを見すぎず、振り返らず“今”を過ごしてやっていきたい」と改めて意気込む。また、及川も「撮影がすべてクランクアップしたら、自宅にある『熱中時代』のアナログLPにサインをしてもらいます!」と撮影後の“お楽しみ”も明かしていた。

 『相棒 season8』は、10月14日より毎週水曜日午後9時(初回は午後8時スタートの2時間SP)より放送開始。

◆写真で振り返る! これまでの『相棒』シリーズ  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。