ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年09月12日 17時00分
映画『しんぼる』の初日舞台挨拶に登壇した松本人志監督 (C)ORICON DD inc. 
「犯人かと思った」と驚く松本 (C)ORICON DD inc. 

「殺害予告の人かと思った!」 松本人志、近寄るスタッフに過敏に反応

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 お笑いコンビ・ダウンタウン松本人志の監督作2作目となる主演映画『しんぼる』の初日舞台あいさつが12日、都内で行われた。ステージ上であいさつした松本監督は、今月4日、自身に対する殺害予告をインターネット上の掲示板に書き込んだ男が逮捕された件を意識してか、背後から近寄るスタッフに気が付くと「殺害予告の人かと思った!」と過敏に反応するそぶりを見せ、会場の笑いを誘った。

 松本監督にとって2007年公開の長編初監督作品『大日本人』以来2作目となる同作は、“宿敵”テキーラ・ジョーとの対決を控えたプロレスラーのエスカルゴマンと、目覚めた瞬間、四方が白い壁の部屋に閉じ込められた松本扮する水玉パジャマの男(松本)が、時空を越えて交差していく物語。企画・監督・主演、放送作家・高須光聖との共同で脚本も松本が務め、2008年9月にクランクイン。一部メキシコロケも敢行した。

 この日はおなじみとなった劇中の派手な水玉のパジャマではなく黒のスーツ姿でステージに登壇した松本監督。客席から大歓声で迎えられた公開初日について「今更あんま何の感動もない。やっとここまでこぎつけたってかんじ。プレミア試写会でもやってるけど、今日のお客さんはお金を払って観に来てくれてるから、ちょっとサービスしないとなと思って」とテレ笑いを浮かべつつ語ると、続いて「前田五郎の件についてはノーコメントで」とさっそくの“サービストーク”で盛り上げた。

 撮影について「密室の中が苦しくて、早く出たかった」と振り返った松本監督は、「90分間にいろいろな自分の想いを詰め込んだ。もし伝わらなくても、後日また観てもらえれば伝わるかと思います」とアピール。最後にファンに向けて「口コミでどんどん広がっていけばいいなと思うので、皆さん『小栗(旬)くんがかっこよかった』とか、『キムタクがちょろっと出てた』とかウソをついてください」と呼びかけていた。

 また、出品が決定している『トロント国際映画祭』(ミッドナイト・マットネス部門)、『第14回 釜山国際映画祭』(ガラ・プレゼンテーション部門)に続き、10月2日から開催の『シッチェス映画祭』、10月9日からの『ワルシャワ国際映画祭』、10月15日からの『ハワイ国際映画祭』への出品が新たに発表された。



◆“すべらない男”松本人志がみせる、監督・芸人・父親の“3つの顔”  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。