ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年09月11日 06時00分
9月27日発売の1st写真集『うらっつら』 
金田哲はセクシーショットも披露 
沖縄での1ショット 

はんにゃ、初の写真集発売! セクシーショット披露に「いつでも脱ぐ用意ある!」

■その他の写真ニュースはこちら

 お笑いコンビのはんにゃが、初の写真集『うらっつら』(ワニブックス)を発売することが10日、わかった。沖縄で撮影された今回の写真集には、2人のプライベートカットはもちろん、上半身裸でシャワーを浴びるセクシーショットなども収録。このたびORICON STYLEの取材に応じたボケ担当の金田哲は「セクシーですか!? いつでも脱ぐ用意はありますよ。特にNG出してるワケでもないし(笑)。いつでも行ける準備はしてます!」と、更なる“露出”も示唆した。

 今回の写真集は、分刻みの過密スケジュールで活躍する彼らのために、1泊2日の沖縄旅行をプレゼント。東京とは違う沖縄のゆったりとした空気の中で、普段メディアでは見せる事のない裏の顔=うらっつらが収録されている。

 ツッコミ担当の川島は「素顔に近い感じでしたね。撮りましょうかって言うより、盗撮されていたというか(笑)」と振り返る。表紙では、2人が笑顔で寄り添うなど、仲睦まじい様子が垣間見れるが、金田は「これはもう“奇跡の1枚”ですね。川島の体重が掛かって重たいし、イヤでイヤでしょうがなかった」と皮肉たっぷりに語り笑いを誘った。

 今や若手お笑いコンビとしてNo1の人気を誇るはんにゃ。お笑いはもちろん、俳優、歌手と活動の場を広げる2人。NEWS・山下智久が主演を務める“月9”ドラマ『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー』(フジテレビ系)にも出演中だ。金田は「僕らをカバーしてくれる智(山下)とかサキ(相武紗季)には感謝しないとね!」と、俳優陣とすっかり仲良しになったかのようなコメント。だが、川島から「サキなんて言ったことないじゃん(笑)。女性陣とはほとんど喋ってないですよ、コイツ」と暴露されると、しどろもどろに…。相変わらず女性との絡みが苦手な金田は、“童貞疑惑”はしばらく続きそうですね? との問いには「いや、童貞じゃねーし!」と、お決まりの台詞で締めてくれた。

 はんにゃの、ファースト写真集『うらっつら』(ワニブックス)は27日に発売。



はんにゃ スペシャルインタビューはコチラ!

 

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。