ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年09月11日 06時00分
コント作りに励む桜塚やっくん(左)とハローキティ (C)2009 SANRIO CO.,LTD 

ハローキティが桜塚やっくんとコント初挑戦 漫才も披露

■その他の写真ニュースはこちら

 人気キャラクター・ハローキティが、9月22日に東京・サンリオピューロランドで行われるお笑いタレント・桜塚やっくんのイベント『チェリブロVol.4 in Puroland 〜みんなでサプライズパーティ〜』に飛び入り出演し、誕生34年目でコントに初挑戦することが10日、わかった。キティが「漫才初挑戦でもう毎日ドキドキで大変だけど、楽しく猛特訓中です」とやる気をみなぎらせる一方、やっくんは「カワイイので突っ込みづらいかも」と不安要素もあるようだ。

 同イベントは2007年からやっくんが開催している単独ライブで、今回のテーマ“リズム&ダンス”と同所がまもなくオープン20周年を迎えることから、同所で行う事をやっくんサイドが打診。以前からやっくんとキティのデザイナーが懇意にしていることもあり、お祝いを兼ねてキティの飛び入り参加まで決定した。同所のディスカバリーシアターでお笑い芸人がコントを行うのは、オープン以来初の試みだ。

 やっくんは「物心ついたころからキティちゃんはそばにいました。芸人としては先輩だけどキティちゃんはもうすぐ35周年という事で『キティさん』と呼ばないと怒られるかな…」と芸歴では上をいく“キティ先輩”にたじたじのようだが、当のキティは「やっくん先生の次から次へと出て来るアイディアにもビックリしちゃう毎日です」と謙そん。やっくんも「絶対にピューロランドでしかできない笑いと、キティちゃんとだからできる笑いを追求したいと思います」とネタ作りに余念がない。

 前代未聞の試みにサンリオ関係者は「当初、キティが漫才ができるか多少の不安もありましたが、練習を見ていると、不安が笑いに変わってしまいました」とコメント。「初挑戦が盛り沢山になっていますので、ぜひ多くの方に新しいやっくんとキティのイベントに遊びに来て頂きたいです」と乗り気になっているという。

◆フォトギャラリー
キティちゃんも登場!『東京ガールズコレクション2009 A/W』



 桜塚やっくん

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。