鳥居みゆき、エレベーター内での映画試写に「閉所恐怖症なのでキツかった」

エレベーターガールの衣装で登場した鳥居みゆき (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

エレベーターガールの衣装で登場した鳥居みゆき (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 お笑いタレントの鳥居みゆきが9日、都内で行われた映画『悪夢のエレベーター』の試写会イベントに出席した。エレベーター内で繰り広げられる同作のストーリーにちなんでエレベーターガールの衣装に身を包み、実際にエレベーター内で試写を楽しむという初の試みに挑んだ鳥居は、「閉所恐怖症なのでキツかったです」と解放された安心感からハイテンションで感想を語った。

 小説家・木下半太の同名小説を原作に、俳優・構成作家として活動する堀部圭亮 が長編映画初監督を務めている同作。“ワケあり”の男女4人がエレベーターに閉じ込められ、助けも呼べない密室空間の中でそれぞれの人間性が思わぬ方向に物語を展開させていくというストーリーが展開される。

 現役のエレベーターガール3人と約2時間に及ぶ同作を鑑賞した鳥居は「女4人で密室に閉じ込められるなんて本当に悪夢だった」と本音をポツリ。また報道陣から、実際に夫とエレベーター内に閉じ込められたらどうするかと問われると「うわぁ最悪だよー! でもそれはそれで同居という形なので、頑張っていきたい。ちょっとキツいです」と終始キャラ全開でコメントしていた。

 映画『悪夢のエレベーター』は10月10日(土)より全国で公開。


 鳥居みゆき

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について