ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年09月08日 12時45分
インフル完治の診断書を持参して復帰をアピールするオードリー・春日俊彰 (C)ORICON DD inc. 
A型インフルで欠席した若林正恭のパネルを持って登場した (C)ORICON DD inc. 

オードリー春日、診断書持参でインフル復帰をアピール「病み上がり春日!」

■その他の写真ニュースはこちら

 インフルエンザA型に感染し静養していたお笑いコンビ・オードリーの春日俊彰が8日、東京・汐留の日本テレビで行われた同局新番組『ぜんぶウソ』の記者会見に出席した。7日午後にテレビ番組収録で復帰し、この日が復帰後初の公の場登場となった春日は開口一番「オードリーかーすが! 病み上がり春日!」とあいさつし、持参した医師の診断書を掲げて快調をアピールした。

 会見にはお笑いコンビ・サンドウィッチマンも出席したが、病み上がりの春日に報道陣からの質問が集中。感染してからは実家の離れで静養していたと明かし「お母さんに看病していただいて、食事を運んでくれました」。静養中は「(感染)1日目で熱は下がって、あとは録り溜めしておいた春日の出ているテレビを観てよく笑っていました。この機会に春日を観られて良かった。すごくおもしろかった」と自画自賛し、伊達みきおを驚愕させた。

 春日が順調に回復をアピールする一方、同じくA型インフルに感染した相方の若林正恭は熱は下がり、快方に向かっているものの完全復帰には至らず、会見は欠席。明日9日に病院に立ち寄り医師の許可が出ればそのままテレビ収録で仕事復帰する予定という。若林への感染が発覚した際には「何も思わなかった。“無”ですね」と語った春日は「(この先ピンでも)やっていけると思いますよ。この先ピンの仕事が増えると思います」と自信をのぞかせた。

 番組は、オードリー、サンドウィッチマンをメインに鳥居みゆき、U字工事ら人気お笑いタレントが“いそうでいない人たち”を演じる新型コント。リアリティのあるシチュエーションで撮影されドキュメンタリー風に描かれるものの、どこかおかしいといったコントを披露していく。伊達は、「視聴率20%取りましょう!」、相方の富澤たけしは「自分の中にない、ゲイだったり女っぽいものをやってみたい」とそれぞれ意気込んでいた。

 新番組『ぜんぶウソ』は10月3日(土)深夜24:50より同局で放送(※関東ローカル)。11月27日よりDVD発売及びレンタルも開始。

爆笑☆STYLE Vol.1『春日の“モテ話”&若林の“天狗話”・・・?!オードリーの魅力を徹底解剖』(09/07/24)


 オードリー

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。