ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年07月07日 11時00分
板東英二 (C)ORICON DD inc. 
坂東英二のモノマネでおなじみのかみじょうたけし 

板東英二、ネタ番組出演実現にむけ“お笑いライブ乱入”示唆!?

■その他の写真はこちら

 お笑い番組出演にむけて真剣勝負! 元プロ野球・中日ドラゴンズの投手でタレントの板東英二がこのほど、ORICON STYLEの単独取材に応じ一部で報道された自身のモノマネする若手芸人・かみじょうたけしとのネタ番組出演について言及。かみじょうが行う営業やお笑いライブへの“ゲリラ出演”も辞さない構えであることがわかった。板東は「僕からかみじょう君に『一緒にやらへんか?』って誘った後、2ヶ月前に練習した。ネタの精度を上げるには場数を踏むことが不可欠」と、その理由を語った。

 元々島田紳助や明石家さんまら大御所芸人らと交流の深い板東は「M-1グランプリをやり始めた頃、実はある女性芸人と一緒に出場しようと準備していたんです。結局は、相手が嫌がって実現しなかったんやけどね…」というほど、根っからの芸人気質。さらに「昔、上岡龍太郎と(自らが弟子入りしかけた)2代目・桂枝雀さんの寄席で即席コンビを組んでネタを披露したことがある。でも、今は1〜3分でネタを出さないといかん。ネタは2〜3個あるけれど(出演を目指す)『爆笑レッドカーペット』(毎週土曜 後7:00)は厳しいオーディションもある分、おちゃらけでやったらあかんと思うんですよ」。気持ちは完全に“マジモード”で、お笑い界への参戦意欲を明らかにした。

 肝心のネタについては、ひたすらエアバンドのパフォーマンスを行う板東に、かみじょうが板東のモノマネでそれを突っ込んでいくという内容だという。ただ、かみじょうが現在多忙なため「(2ヶ月前の)練習から事実上、動きが止まっている状況」。それでも、他人任せではなく、板東自らも関係者説得に向けて奔走しているようで「彼が住んでいる大阪でネタ合わせをするなら、真夜中だって大丈夫」と夢の“大笑い”を実現するべく、現在69歳とは思えないほどの元気の良いコメントを連発した。

 取材中、何度も「紳助やさんまがおったから、今のポジションに居ることができるんですよ」と口にした板東。現在“本業”のプロ野球解説者・評論家の活動は東京と大阪でラジオとスポーツ紙で務めているが「間違いなく今回の(お笑いへの)挑戦はいい影響を与える。例えば、ラジオを聴いている人にはやっぱり面白く伝えられないと…ね」。

 プロ野球、実業家、タレント……多彩な顔をもつ板東が本腰入れて取り組もうとする“お笑い界”への挑戦。最後には「僕はこの先も、ずっとボケの担当をやる。(精度が上がったら)公開練習もするよ!」と意気込む。その眼差しは、本業で見せるものと負けず劣らずの力強さを放っていた。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。