ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年06月30日 16時00分
会見中に涙を流す来栖あつこ (C)ORICON DD inc. 
騒動を謝罪 

来栖あつこ、ブログ発騒動を会見で釈明 「許せない嘘や裏切りがあった」と涙

■その他の写真ニュースはこちら

 自身のブログで「傷つけられるのはもう我慢の限界」など不安定な精神状態を明かし、女性誌で年下の俳優とのトラブルなどを告白したタレント・来栖あつこが30日、都内ホテルで釈明会見を開いた。深々と頭を下げた来栖は「同業者の方とお付き合いしていたことがきっかけで、あのことを書いて大きなニュースになってしまった」と謝罪。2年半にわたり交際していた男性俳優に総額数百万円を貸したまま、未返済が続いており、男性の名前は「差し控えたい」としながらも「許せない部類の嘘や裏切りがありました」と涙ながらに訴えた。

 交際相手に貸したお金の内訳は、同棲における生活費や相手の免許更新代などを含め「結婚しようと言われてたので、婚約指輪もあった」。過去に2回ほど別れを繰り返し「彼を信じ続けた」結果の裏切りに「私の手元には何も残ってません」と悔しさをにじませた。

 来栖によると、相手と6月10日までに返済の約束を交わしたものの、その日までに用立てできなかったという。その後、相手の母親と会う段取りになるも「彼と母がいて、喫茶店に入ったら、知らない男性も入ってきて怒鳴られました。お金も用意されていませんでした」と語り、現在も返済の見込みはないという。

 今後、来栖側は弁護士を立てて金銭問題を解決する姿勢。報道陣から「相手側へのあてつけでは?」と厳しい声が飛ぶも「だからこそ2年間我慢してきました。こんなことで手を煩わせるわけにはいかないと思ってたけど、これは無理だと思った。自分たちで解決しなきゃいけないと思ってた」。

 相手側の出方によっては裁判にも発展する様相だが「そうならない対応をしていただきたい」。現在は相手に対し「恋愛感情はない」と断言、今後の活動については「前向きに正直に、嘘をつかずに生きていきたい。楽しいブログに戻して、役者としても頑張りたい」と声を押し出していた。

 来栖は15日付のブログで「6月10日 私が生きてきて31年一番大切にしていたことを、ぶち壊された日。この2年4ヶ月、私が守ってきた宝物の中身が、空っぽだったと知った日」と、ただならぬ状況にあることを示唆する内容を綴っていた。さらに「もう…心身ともに、疲れ果てた」と悲しみに打ちひしがれている心境も告白したことから、何らかの事件に巻き込まれているのではないかとも危惧された。

 しかし、21日付のブログで「何も見えなかった真っ暗闇には、幾つもの光が差し、そこには手を差し伸べてくれる人達がいた」とファンの声援や家族、友人の支えのおかげで絶望の淵から一歩踏み出したことを明かしていた。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。