ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年05月01日 06時00分
山崎邦正・いしだ壱成 
(右)新人女優・西条美咲 
浅野温子・大坂俊介 

いしだ壱成、復帰作第2弾は“オカマ”の山崎邦正と濡れ場

■その他の写真ニュースはこちら

 作家・寺西一浩原作のミステリー小説『新宿ミッドナイトベイビー』が舞台化され、俳優・いしだ壱成が復帰作第2弾として主演を務めることが4月30日、わかった。新宿ネオン街を舞台にした若者をとりまく人間模様などを織り交ぜたストーリーで、新喜劇など吉本以外での本格的舞台初出演となるお笑いタレント・山崎邦正演じるオカマのママとの“ラブシーン”にも挑戦。人気ホストを演じるいしだは「この舞台の上で死んでもいい」という並々ならぬ決意を持って舞台に臨む。

 女優・川合千春と幼なじみの女性との二股交際が明るみになり、業務提携先の事務所と契約を解除されたいしだが俳優復帰作の第2弾に選んだのは、東京・新宿の大歓楽街“歌舞伎町”と“2丁目”を描いた異色作だった。07年に発表された同名小説は、タイトルにもある“赤ん坊”を巡り、ホスト、キャバ嬢、オカマ、ホモ、捨て子など様々な“人種”が描かれるなかで“カネの強さ”を目の当たりにする内容と、ストレートな性的描写が反響を呼んだ。

 2丁目のホモバー『マロンケーキ』のママ(山崎)と肉体関係を持つ、歌舞伎町No.1ホスト・マサル役のいしだは「原作を読ませていただく限り、かなりポップかつアバンギャルドなものになるのではないかと思っています。自分という人間、あるいは俳優の出せるものの全てを舞台の上でも下でも『出し切る』事にそれこそ全てを賭けていきたい。この舞台の上で死んでもいい。演じさせていただける場所を与えてくださったからには、そんな幸せを感じたいと心から思っています」と意欲十分にコメント。

 キャストは2人のほか、物語の鍵を握るお嬢様・アキナ役に新人女優の西条美咲、イケメン探偵・シュン役に元ジャニーズJrの大坂俊介、ホストクラブの得意客・大森スズエ役に女優の愛染恭子らが脇を固める。また“美白の女王”の故・鈴木その子さんが創業したSONOKOの担当執行役員に先日就任して話題を呼んだ女優・浅野温子が人気霊能力者・悠樹レミ役で出演。原作者の寺西氏も「舞台で、出演者の皆様がこの小説に出てくるキャラクター、一人一人をどのように演じて下さるか、今からとても楽しみ」と初演を待ちきれない様子だ。

 総合演出に、岸谷五朗や寺脇康文率いる『地球ゴージャス』で活躍後、劇団『東京豪華(デラックス)』を立ち上げた俳優兼演出家の大西淑博を迎え、脚本は同じく東京豪華のNATSUMIが手掛ける。日程は7月23日(木)〜27日(月)まで東京・新宿シアターサンモールで上演。現在、追加出演者10数名を募集中(〆切りは5月11日消印有効)。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。