ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年04月18日 10時00分
レコーディングを行うテレビ朝日の本間智恵アナ、八木麻紗子アナ 
 
ピアニスト・天平氏とレコーディングを行うテレビ朝日の本間智恵アナ、八木麻紗子アナ 

テレ朝・本間&八木アナが人気番組の主題歌で歌手デビュー

■その他の写真ニュースはこちら

 テレビ朝日の人気アナウンサー・本間智恵、八木麻紗子が、同局のスポーツドキュメンタリー番組『GET SPORTS』(毎週日曜 深0:15〜※一部地域を除く)のオープニングテーマ曲「Ameno」で本格的な“歌唱”に初挑戦することが17日(金)までにわかった。同番組は放送開始から11年が経過し、19日の放送で記念の500回を迎えることから“原点回帰”を込めてピアノの生音をベースに再録音され、2人の歌声も吹き込まれる。

 同番組は、今やメジャーリーガーとなった松坂大輔投手(レッドソックス)が、甲子園でエースとして活躍、優勝を果たした1998年にスタート。野球、サッカーなどのプロスポーツだけでなく、水泳やフィギュアスケートなど、アマチュアスポーツにもスポットを当て、VTRを中心に選手やスタッフたちの熱き想いを独自の視点で届けている。

 また、映像だけでなく「音楽の美しさ」を限りなく生かしたコーナー「G-graphic」「G-Week」も同番組の魅力のひとつ。番組の代表曲ともいうべき「Ameno」も、これまで3度のマイナーチェンジを行ったが、今回はマリナーズ・イチロー外野手をモチーフにした楽曲「Area51」などを発表しているピアニスト・天平がレコーディングに参加。2人の女子アナも、短期間で練習を行い本番に臨んだ。

 元々、学生時代に合唱部や演劇経験のある本間アナは「歌は下手の横好きだと思うのですが……1つでも(楽曲の)要素として加わってさらに良い曲になるように頑張ります」と意気込んだことが功を奏したのか、特にトラブルも無く収録を終えた。一方、最初から「歌は下手」と自ら“音痴”を認めていた八木アナは「(レコーディング時は)音痴であることを忘れて綺麗に歌いたい。ただ、それだけです!」と意気込み、関係者からダメ出しを受けつつも、何とか4度目のレコーディングで納得できる歌声が録れたという。

 無事にレコーディングを終え、大役を果たしたことに八木アナは「マイクの前に立つと不思議とスイッチが入って気持ちよく歌えました。歌声には自信がありませんが、新しいAmenoは本当に美しい曲に仕上がっています」と自信をのぞかせていた。

 5月4日には、放送で使用される通常バージョンに加えて女子アナ2人のみの「Ameno〜ホンヤギ style〜」として着うた配信もされる。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。