ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年04月14日 18時00分
新生ニコガク野球部メンバーが勢揃いした 
(左から)佐藤隆太、小出恵介、中尾明慶、桐谷健太、尾上寛之、石田卓也 
(左から)平川雄一朗監督、山本裕典、川村陽介、佐藤健、高岡蒼甫、城田優、市原隼人 

新生ニコガクメンバー勢揃いにファン熱狂 〜映画『ROOKIES−卒業−』完成披露試写会〜

■その他の写真ニュースはこちら

 5月30日に公開される映画『ROOKIES−卒業−』の完成披露試写会が14日(火)に都内で行われ、舞台あいさつでは熱血教師・川藤役の佐藤隆太をはじめ、市原隼人小出恵介らニコガク野球部メンバーがユニフォーム姿で勢揃い。佐藤が「ゴー、ニコガク、ゴー」と声を掛けると、客席からは悲鳴のような大歓声が鳴り響いた。

 昨年4月にTBS系でTVドラマ化された『ROOKIES』の続編にして完結編となる同作では、2年生だったニコガク野球部メンバーが3年生となり、熱血教師・川藤とともに最後の夏の甲子園を目指す。原作は1998年から03年まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載された森田まさのりの同名ベストセラー・コミックだが、映画ではニコガク野球部メンバーの卒業が描かれるなど、オリジナルストーリーが展開される。

 この日は、佐藤隆太演じる野球部顧問・川藤に引率されて、市原、小出、城田優中尾明慶高岡蒼甫桐谷健太佐藤健五十嵐隼士川村陽介尾上寛之山本裕典石田卓也のニコガク野球部メンバーが登場。なかでも五十嵐は、30分後に別の舞台公演を控えているにも関わらず登壇し、「この1年、いろんなことがありました。心に残っているのは、仲間たちに出会えたことです」と言葉を詰まらせ、作品への愛着をうかがわせた。そんな五十嵐をほかのキャストがハイタッチなどで先に会場から送り出す場面では、ニコガク野球部のチームワークの良さが滲みでており、それを感じとった客席からも大歓声が上がった。

 その後も、キャストの1人ひとりが『ROOKIES』への思いをそれぞれの言葉で語る、熱い舞台あいさつとなった。市原は「出来上がった映画を見た瞬間に鳥肌が立った。怪物だな〜と思った」。小出は「この1年、ニコガク野球部を忘れたことはありません。それだけ思い入れの強い作品になりました」とかみ締めるように語り、城田は「野球の練習から始めて、濃い時間を過ごして、辛いことを乗り越え楽しい時間も一緒に過ごしてきた。すごくいい関係性が築けて、芝居を越えて本物のドラマがある作品になったと思う」と饒舌に話した。

 最後に佐藤隆太が「言葉で表せない財産をもらいました」とあいさつ。スタッフやファンへの感謝の言葉を述べた後、「ゴー、ニコガク、ゴー」の掛け声で景気づけし、舞台あいさつを締めた。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。