ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年03月17日 19時00分
OLのビジネスニーズに応えた演歌CD『ヒメのたしなみ』 

OLのビジネスツールとして演歌CD『ヒメのたしなみ』

■『ヒメのたしなみ』収録曲目はこちら

 『ヒメのたしなみ』というCDが18日(水)に発売される。“ヒメのたしなみ”というと、ピアノ、バイオリンから乗馬のようなものが浮かび、現実的なところで例えばOLで言えば、英語、フランス語、中国語などの語学を身に付けているかどうかではないだろうか。そんな中、意外なところで力を発揮するのが、演歌を歌いこなす力。上司とカラオケに行ったとき、契約を目前に控えた取引先との懇親会の場で、おじさま好みのする演歌の定番をサラッと歌いこなせることは、もはやOLのたしなみとして身に付けておきたいところ。そんなニーズに目をつけて定番演歌のコンピレーションCDが歌唱指導書付きで登場する。

 『ヒメのたしなみ』には、石川さゆりの「天城越え」のほか、「喝采」(ちあきなおみ)、雨の慕情(八代亜紀)、愛燦燦(美空ひばり)など、カラオケでも一定の人気を誇る女性演歌の王道的楽曲が15曲収録。ジェロ氷川きよしらの登場で、若い世代にも演歌人気が浸透しているとはいえ、やはりJ-ポップのシェアには及ばない。ただ、カラオケなどでは、演歌を歌うべき状況に出くわすことは少なくない。特にOLにとっては、上司や取引先などの目上の人のために、1曲や2曲はすぐリクエストに答えられるようにしておきたいものだ。

 そんなビジネスニーズを商品化したのがこの『ヒメのたしなみ』。CDには東京・新丸ビル内の男子禁制スナック『来夢来人』のミッツママ(女装家)による、全曲の歌唱アドバイスも封入。都会に生きる女性たちを丸の内から見守り続ける氏ならではの、歌唱指導も読み応えがある。写真にあるとおり、アートワークも演歌のイメージを払拭した“姫”たちに捧げるデザインになっており、演歌市場を新たな切り口で開拓する。コラムニストのマツコ・デラックスは、「浅はかな歌ばかり聴いていると、はしたない女になっていますよ」と同作にコメントを寄せている。

<収録曲目>

天城越え /石川さゆり
夜桜お七 /坂本冬美
別れの予感 /テレサ・テン
ラヴ・イズ・オーヴァー /欧陽菲菲
喝采 /ちあきなおみ
あなたならどうする /いしだあゆみ
愛の水中花 /松坂慶子
ふたりの大阪 /都はるみ、宮崎雅
もしかしてPartII /美樹克彦小林幸子
人生いろいろ /島倉千代子
雨の慕情 /八代亜紀
おもいで酒 /小林幸子
捨てられて /長山洋子
無言坂 /香西かおり
愛燦燦 /美空ひばり


 八代亜紀美空ひばり

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。