ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2009年02月20日 04時00分
ハッスルエンターテインメント山口日昇代表 

ハッスル山口代表、インリン出演料未払い訴訟に困惑

■その他の写真はこちら

 ファイティング・オペラ『ハッスル』を主催するハッスルエンターテインメントの山口日昇代表取締役が19日(木)、後楽園ホール大会終了後に緊急会見を開き、タレントのインリン・オブ・ジョイトイの所属事務所、ステイトリーズ・ガーデンから“インリン様”の出演料が未払いとして訴訟を起こされた件で経緯を説明した。山口代表は「単なるギャラの未払いという問題ではなく、過去に出演契約違反とせざるを得ない問題があった」とし「速やかに解決した後、正義を持って話し合えば必ず理解しあえると信じている」と和解を訴えた。

 今回の未払い騒動をマスコミ報道で初めて知ったという山口代表は「訴状がまだ届いていない」ことから対応が遅れたと謝罪。その後「発端は昨年3月発売の写真週刊誌にある」と切り出し、インリンと結婚した元同社社員の交際発覚記事を挙げ「インリンさんの所属事務所が自ら売り込みをかけて掲載したものだった。弊社としてはプライベートに物申すことはないが、売り込んだことに遺憾の意を表していた」とさかのぼった。

 スタッフとタレントの交際が明るみになったことで、他の芸能事務所との交渉における「信頼関係の低下により事業に支障をきたす問題が発生した」とし、沈静化という意味でインリン様の出演を契約半ばの昨年5月末で終了。出演料はその後話し合う段取りだったが「一方的なギャラの支払いのみの連絡が続いた」。昨年夏、出演料の一部を支払った後は未払いがあったことを認めたが、その後も支払いの意志表示をしていた矢先の提訴だったとして「驚きを隠せない。裁判は不本意ではない。穏便に争いを終わらせたい」と早期解決を望み、今後は弁護士を通じて交渉するという。

 なお、昨年12月30日の大会で『ハッスル』参戦を果たした歌手の泰葉にも出演料が未払いと報じられた件には「契約にもとづいて3月にお支払いします」と不備がないことを強調した。

 インリンは“インリン様”として04年12月の『ハッスル・ハウス クリスマススペシャル』より参戦。登場人物の中核を担いながらも、交際発覚を機に昨年5月に『ハッスル』を引退した。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。