ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2008年11月19日 06時00分
四季折々の風を感じながら仕事を行う「ガーデンオフィス」 
天窓があるオフィスエリア。明かり取りのほか、換気にも利用される 
大きな窓ガラスを開ければ「ガーデンオフィス」につながる「スタジオ」スペース 

コクヨ、CO2排出量を約4割削減する“実験エコオフィス”開設

■その他の写真ニュースはこちら

 オフィス用品メーカーのコクヨは18日(火)、環境問題に配慮しながら創造・生産性を高めるための実験オフィス「エコライブオフィス品川」を開設し、報道陣に公開した。同オフィスは植物や水盤に囲まれた野外ワークスペース「ガーデンオフィス」やLEDや人感センサーなど、環境と創造性を意識したレイアウト・設備になっており、オフィス全体で年間約41.5%(約56トン)のCO2削減を意識。今後は同社社員が被験者となり、働きながらさまざまな実験、検証を行っていく。

 同オフィスは東京都品川区にある同社のショールーム内に開設。人の気配がなくなると自動的に風量や照度をコントロールするシステムを空調、照明に搭載しているほか、同志社大学理学部と共同研究したLEDを用いた最先端照明技術を取り入れている。

 また、社員、役員ともに自分のデスクを持たず、業務内容や進捗状況に応じてその日の作業場所が決まるという点も特徴的。残業をする者、外出が多い者、特に集中したい者など、その日のスケジュールや状況が似ている社員を近い席に配置するコンピュータ「ダーツシステム」を導入する。社員同士が幅広くコミュニケーションを取れる環境づくりと、照明や空調などの消費電力を削減することが狙いだ。

 とはいえ、同所はあくまでも“実験オフィス”。実際には「やってみないとどうなるか分からない」(同社)といい、体験しながらエコオフィスを作り上げていくことになる。「省エネルギーに配慮しつつ、四季を感じながら仕事をして創造性を高める」というコンセプトの元に作られたガーデンオフィスは、冬の寒さが厳しくなる前に対策を練らなければならないという。

 建設・設備投資費は約7億円。完成する直前に“リーマンショック”が起こり、「この投資が正しいのか迷ったこともあった」(同社)という。環境省より省エネ補助金が出るものの、対費用効果を考えると採算は合わない。しかし、黒田章裕社長は「社員の意識が変わるなら決して高くないと思う」と、自信をうかがわせる。今後は一般にも公開し、オフィス用品メーカーとして“環境配慮型オフィス”の提案をしていく。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。