ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2008年11月01日 10時00分
データ出典:エン・ジャパン 

理想と現実に開きあり? 「ワーク・ライフ・バランス」取り組み企業は4割弱

■「ワーク・ライフ・バランス」具体的な取り組み内容グラフはこちら

 仕事と私生活の両立に悩む人をなくすための取り組み「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)」が厚生労働省主導で展開されているが、転職サイトの「エン・ジャパン」は31日(金)、同社サイトの利用企業を対象とした『ワーク・ライフ・バランスの実態調査』を発表した。これによると、ワーク・ライフに「取り組んでいる」と答えた企業は36%にとどまることが判明。逆に「意識はしているが具体的な取り組みは未着手」21%、「取り組んでいない」24%、「特に意識はしていない」19%など、全体の6割強の企業が“ワーク・ライフに取り組んでいない”という現実が浮かび上がった。

 同調査ではそのほかに「今後のワーク・ライフ・バランスについての取り組み」についても質問をしているが、「状況をみて対処する」と回答した企業が59%にのぼるのに対し、「引き続き対処していく」と回答した企業は29%にとどまった。また、「積極的にはなれない」と答えた企業も12%あることが判明。社員の“公私の充実”を考えている企業は多いものの、現実には着手しにくい問題であるといえそうだ。

 「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)」は2007年12月から政府主導で展開している取り組み。派遣社員やアルバイトなど “正社員以外”の労働者が増加する一方、正社員の労働時間も増加傾向にあり、「経済的に自立できず親の援助を受けている」「育児や介護、地域活動に障害が出ている」など“公私のバランス”に悩む人が増えている。また、共働き世帯が過半数になっているのに対し、育児中女性の働き方や子育て支援などの社会的基盤は対応しきれておらず、「出産か仕事か」の二者択一に悩む女性も多い。それら個々人の悩みは非正規労働者政策、少子化対策など、国が抱えている問題に直結しているため、早急な対策が求められている。

調査方法:インターネットによるアンケート調査
調査対象:[en]パートナーズ倶楽部会員企業484社
調査期間:2008年8月27日〜9月23日





 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。