ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2008年09月01日 05時00分
ドラマ『小児救命』で小児医師役に挑む小西真奈美 

小西真奈美が小児医師役に挑戦! 医療制度が抱える問題点を浮き彫りに

■その他の写真はこちら

 女優の小西真奈美が、10月スタートのテレビ朝日系ドラマ『小児救命』で敏腕小児医師役に挑むことが、1日(月)わかった。過酷な小児救急医療の現場を舞台に、現代の医療制度が抱える問題点を浮き彫りにするヒューマンドラマに小西も「年齢を重ねて、社会の制度や問題に興味が湧いてきた今だからこそ演じていける役だなと感じています」と意気込んでおり、女優としてのターニングポイントとなる作品と位置付けているようだ。

 小西演じる主人公・青山宇宙(そら)は、大規模病院の小児科に勤務していたが、小児科縮小へと向かう運営方針に反発し、自らが理想とする小児病院を立ち上げる熱血医師。小西は、自身が演じる宇宙について「天真爛漫で明るい女性。そして“子供たちを助けたい”という芯がブレない小児医師です」と分析。「でも、その強さは過去に大きな痛みを背負っているからこそ得た強さ。その強さを表現するためにも温度を持って人と向き合う先生として演じていきたい」と作品にかける想いを熱く語る。

 近年、小児科医不足は医療現場で深刻な問題となっており、大規模病院でも小児科の閉鎖が行われている。番組プロデューサーの中込卓也氏は「決してきれいごとだけを並べるのではなく、過酷な医療の現場をリアリティを大切にし描きたいと思っています。小西さんにはまさに体当たりの演技を期待しています」と語り、現在の医療現場で起こっている実態を描くという。

 脚本は『星の金貨』(日本テレビ系)、『砂の器』(TBS系)など、リアルな人間模様を打ち出した作品で高い評価を得ている龍居由佳里氏が担当。共演には、小西演じる宇宙の恋人で、同じ小児医師・狩矢俊介役の塚本高史、宇宙を陰ながらサポートする先輩医師・柾陽介役の陣内孝則らが脇を固める。

 医療問題だけでなく、家庭問題にも強い関心があるという小西は「小児患者の家庭環境もちゃんと描いていく作品に参加できることに意義を感じています。撮影現場でも、その瞬間ごとに感じている気持ちを話し合いながら、よりリアルに作っていければと思っています」と、同作を通じて医療制度が抱える問題を世間に認知させていくことを誓っていた。

 ドラマ『小児救命』は10月より毎週木曜日、夜9時より放送開始。

今月の写真ニュース一覧をみる
 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。