ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2008年09月01日 06時00分

巨匠・ちばてつやの新作は“トキワ荘”が舞台! 故・赤塚不二夫さんも登場

■最新写真ニュースはこちら

 『あしたのジョー』や『あした天気になあれ』で知られる漫画界の巨匠・ちばてつやが自身のブログで、『ヤングマガジン』(講談社)に「ボク(ちば)と『トキワ荘』のみんなと触れ会うきっかけになったエピソード」を描いた新作を発表すると明かした。作品には8月2日(土)に肺炎のため死去した故・赤塚不二夫さんの若かりし頃の姿も登場するという。

 ちばは「手塚先生や弟のちばあきお、先日亡くなった赤塚不二夫さんや石ノ森章太郎さん達が出てくるんだけど、どうも似顔が苦手なボクはペン入れで相当苦戦しそうだな」と明かし、マンガ界の“梁山泊”であったトキワ荘の回想録のような作品になることをうかがわせている。

 トキワ荘は、かつて東京都豊島区にあったアパートで、手塚治虫、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、藤子不二雄ら錚々たる顔ぶれが同居していた伝説のアパート。入居した漫画家が次々とヒット作を放ったことから、マンガ界の“梁山泊”として語り草となっていたが、現在は、取り壊され更地になってしまっている。

 そんなマンガ界の“聖地”でのエピソードを、今年69歳となったちばが新たに執筆する。1956年にマンガ家デビューし、1968年に高森朝雄こと梶原一騎原作のボクシング漫画『あしたのジョー』の連載を開始。40年たった今でも根強いファンを持つほどの不朽の名作となった。05年からちばは、文星芸術大学の教授に就任し、マンガ界の後進の指導にあたる傍ら、5月には、『ビッグコミック』(小学館)に創刊40周年記念特別読み切りとして『赤い虫』を執筆するなど、現在も尽きることなくマンガへの情熱をたぎらせている。

今月の写真ニュース一覧をみる
 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。