ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2008年05月28日 15時00分
島耕作社長 
中川翔子 
就任会見&乾杯式の模様 

島耕作、社長就任式で所信表明 「合言葉は“シンクグローバル”」

■その他の写真はこちら

 雑誌『モーニング』で83年からスタートした人気漫画『課長 島耕作』シリーズの主人公・島耕作がこのたび“社長”に就任することになり、28日(水)に都内で「社長就任会見&乾杯式」が行われた。同作の大ファンであるタレントの中川翔子、お笑いコンビの次長課長、俳優の辰巳琢郎が来場する中、“本物の”島社長は「今からスタートを切ります。“シンクグローバル”を合言葉に世界市場を視野に入れた新たなブランドを展開します」と高らかに宣言した。

 83年から連載がスタートした同作は、主人公・島耕作のサラリーマンとしてのサクセスストーリーと、様々な女性との恋愛模様を描いたヒューマン物語。島社長は70年に大手電気メーカー「初芝電産」に入社、92年に総合宣伝部長、02年に取締役、さらに05年には常務として中国市場で業績を伸ばした。そして今回、「初芝電産」の「五洋電気」への買収に伴い発足した持ち株会社「初芝五洋ホールディングス」の初代社長に就任。同作の大ファンだという次長課長・河本準一は「今日ほど自分たちのコンビ名が嬉しい日はない。因みに僕の母親が再婚を考えているのですが島社長いかがでしょう?」と詰め寄り、誘いかけた。

 また、自他共に認める漫画オタクである中川が特別ゲストとして登壇し、「小学校の頃から読んでいて大人って大変だなって・・・夢と現実を教わりました」と同作への想いを熱くコメント。さらに「社長になっても若々しくて、いつまでも理想の男性でいてください」とアプローチをかけ会場を沸かせた。

 会見中盤には、実際に漫画の主人公である“本物の”島社長がモニター映像で登場し、就任挨拶。「今からスタートを切ります。“シンクグローバル”を合言葉に、世界市場を視野に入れた新たなブランドを展開します」と社長としての展望を語った。質疑応答にも応じ、報道陣から若いサラリーマンへのメッセージを求められると「走り出して欲しい。問題が起きたとしても走りながら解決せよ! といったところでしょうか」と照れ笑いを浮かべながら語った。

 さらに、これまでに数々の女性遍歴がある島社長に、仕事と女性ならどちらを選ぶというきわどい質問が飛ぶと、「仕事と女性は天秤にかけられるものではありませんね」と、相変わらずのプレイボーイぶりを発揮してみせた。

 漫画『社長 島耕作』は29日(木)より雑誌『モーニング』で連載開始。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。