ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2008年05月14日 18時00分
佐藤浩市 
三谷幸喜監督 
出演者たちが勢揃い 

佐藤浩市、初の“マヌケ男”役に 「三谷監督からの果たし状だった…」

■その他の写真はこちら

 俳優の佐藤浩市妻夫木聡深津絵里綾瀬はるか、監督の三谷幸喜らが14日(水)、東京・六本木ヒルズで行われた映画『ザ・マジックアワー』のジャパンプレミアセレモニーに出席。今作で愛すべき“マヌケ男”を演じた佐藤は「監督からの果たし状なので腹は括ってました。息子も喜んでくれましたよ」と笑顔で作品の出来栄えをアピールした。

 同作は、映画だと信じて伝説の殺し屋を演じ続ける売れない俳優、その俳優を本物の殺し屋だと勘違いし雇ってしまう暗黒街のボス、そして自分の命を賭けて2人の男を騙し通そうとするギャングを中心に展開するコメディー。会場に豪華リムジンで乗り入れ、タイトルの“アワー”と“泡”をかけて三十万個のシャボン玉が舞うなか登場した出演者たちは、駆けつけたファンに大声援で迎えられた。

 これまでダンディーな役どころが多かった佐藤にとって、今作で演じたちょっぴり間抜けで売れない役者はまさに新境地。「ハードルは高かった。監督は『脚本は役者へのラブレター』といつも言っているんですけど、僕にとっては“果たし状”でした。ちゃんと答えを出さないといけないと、撮影前から腹は括ってましたね」と並々ならぬ決意で撮影に臨んだことを明かした。

 佐藤演じる売れない役者を騙すギャング役を演じた妻夫木も「浩市さんの役は台本を読んだ時から大笑いでした。どんな風に演じるんだろうって楽しみだったんですけど、想像していたよりもキュートに演じてました」と佐藤の演技を大絶賛した。

 さらに、監督の三谷も「佐藤さんは普段から凄く面白くてダジャレも言うし、笑いの造詣に深い。誰も知らないような若手のお笑いコンビとか知ってますから」と佐藤の意外な素顔を明かし「これまでいったい誰が(佐藤が)トランポリンで上下運動している姿を想像したでしょうか。今までの日本映画に無い新しいジャンルのコメディーになった!」と興奮気味に語り、今作への自信をみなぎらせた。

 そんな三谷を横目に佐藤は「完成された台本で非の打ち所が無い。(撮影中)演者のところまで走ってきて『僕こんな面白いこと考えちゃった』って、笑顔で来るから演じざるをえない」と若干含みのある口調で“三谷演出”を論じ、会場を笑いに包んでいた。

 なお、会場にはそのほかの共演者として、小日向文世寺島進戸田恵子伊吹吾郎らも登場。映画『ザ・マジックアワー』は6月7日(土)より全国公開。 

■著名人がお気に入りの作品をレコメンド『映画・DVDナビ』はこちら
■最新映画予告編はこちら

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。