ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2008年04月28日 11時00分

初任給で買いたいもの、1位「洋服」

■ランキング表はこちら

 オリコンが、この春から新社会人の仲間入りを果たした159人を対象に『初任給で買いたいもの』についてインターネット調査したところ、女性は「着ていく服がもっと欲しい」などの理由で1位は【洋服】、男性は、「あまりお金を使いたくない」という理由などで【本】が1位となった。なお、男女総合の場合は【洋服】が1位となった。

 アンケート・パネル「オリコン・モニターリサーチ」会員の18歳〜25歳の方の中で、この春から新社会人として働くようになった男性64人、女性95人、合計159人を対象に、『初任給で買いたいもの』についてインターネットによるアンケート調査を行ったところ、42.1%の回答率で【洋服】と回答する人がもっとも多いことがわかった。女性からは特に「会社に着ていくものがない」(東京都/20代/女性)、「通勤のための洋服が足りない」(東京都/20代/女性)など、会社に着ていくための洋服をもっと増やしたいという声が目立った。一方、男性からは「リクルート用の服ばかりなので、私服がもっと欲しい」(東京都/20代/男性)といった声もあった。

 なお、そんな男性から最も多くあがった欲しいものは【本】。総合ランキングでは7位だが、男性回答では17.2%の回答率で1位となった。ただ、積極的に【本】が欲しいというようなことではない様子。「一人暮らしのための資金をためるため、できるだけ使いたくない」(神奈川県/20代/男性)など、コメントには「まだあまり、お金を使いたくない」といったものが目立ていた。新社会人においては男性の方が、実直で倹約家なのかもしれない?

(4月10日〜4月14日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の18歳〜25歳の方の中で、この春から新社会人の男性64人、女性95人、合計159人にインターネット調査したもの)


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。