禁煙ムード高まるも、男性の会社での息抜き法4位「タバコを吸う」

■ランキング表はこちら

  仕事をしている時にちょっとした息抜きをするかしないかで、仕事の効率もずいぶん違ってくる。そこでオリコンが『会社での息抜き方法』について20代から40代の働く男女にアンケート行ったところ、「男性回答編」では【タバコ】が4位にランクインした。神奈川県が飲食店など全面禁煙を目指す条例の制定に向けて動きだし、またタクシーの全面禁煙化のニュースも記憶に新しいが、仕事中の息抜き法として【タバコ】をあげる人も決して少なくはないようだ。

 男性が多くあげた【タバコを吸う】は男女総合編でも5位にランクイン。「ストレスがピークに達したときに吸うと気分をリセットできる」(兵庫県/20代/男性)と気分転換に欠かせないという男性が多く、オフィスの禁煙化も進んでいることから、「外に出て吸わなきゃいけないのが、逆にいい息抜きになる」(三重県/40代/男性)という人も。また「喫煙所でタバコを吸いながらいつもは喋らない人と会話をしているとリラックスする」(富山県/20代/男性)など喫煙所ならではのコミュニケーションが気分転換になるといった声も多く寄せられ、もし日本が全面喫煙が許されない国となった場合、ショックを隠せない男性も少なくないのでは。

 なお、総合1位となった【飲み物を飲む】は去年のランキングでは6位と上位ではなかったものの、今回は1位にランクアップ。「あまり自由が利かないので、飲み物などが精一杯」(静岡県/30代/男性)など、なかなか席を外すことができず「これぐらいしか出来ない」(大阪府/40代/女性)という声が目立ち、忙しい社会人が増えているのかも。また「席を立って飲み物を入れるという行為が、少し体を動かすということになり気分転換になる」(愛知県/30代/女性)といったこともあるよう。

 女性から多くあげられたのは総合2位の【お菓子を食べる】。「ちょっと甘い物を食べるとほっと出来るから」(大阪府/20代/女性)、「甘い物を摂るとストレスも少し緩和される気がするから」(東京都/20代/女性)と気持ちが休まるほか、「疲れてくると糖分が欲しくなるので」(東京都/40代/女性)など体の疲れも解消できるところがポイントに。

 いろいろな回答が寄せられる中、「それぐらいしかできないから」という理由も目立ち、忙しい社会人の生活が垣間見えた結果となった。

(2008年3月27日〜3月31日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員で、会社員(事務系/技術系/その他)、公務員、経営者・役員、契約社員・派遣社員の20代、30代、40代の男女、各200人、合計1,200人にインターネット調査したもの)


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について