ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2008年03月26日 20時00分
千原ジュニア著『3月30日』講談社刊 
3月30日はジュニアの誕生日。今年34才になる  
第3弾の予定は「いまのところありません」といっているが・・・ 

千原ジュニア、3日間で一気に書いた自伝的小説発売

 人気お笑いコンビ「千原兄弟」の弟・千原ジュニアが34才の誕生日である30日(日)に自伝的小説『3月30日』(講談社刊)を発売する。昨年、引きこもりを題材として16万部突破のベストセラーになった自伝的小説『14歳』(同)に続く第2弾。15才でお笑いの世界に飛び込んでから、バイク事故にあうまでの約12年間を綴ったもので、一気に3日間で書き上げたという。

 引きこもりがちだった少年は、実兄に誘いを受けてお笑いの世界に居場所を求めた。「どうやったら笑ってもらえるか」を考え、模索した日々。初めてお客さんにウケた時の胸の高鳴り。人気と才能がブレイクし、売れっ子芸人の仲間入りした一方で、愛した女性との別れもあり。そして、活動拠点を東京に移したばかりの頃の葛藤。

 クライマックスは2001年3月のバイク事故。一命をとりとめたジュニアのもとには、毎日のように芸人仲間が見舞いに来てくれた。自宅療養中は身の回りの世話をしてくれた。そして、気付く。「僕の笑いが解らないなら観なくてもいい」そう思っていた僕は間違っていたんじゃないかと――。

 最近では、テレビで見ない日はないくらい全国区の人気を獲得した千原ジュニア。バイク事故による文字通りの“死の危機”も、そして、お笑い界の厳しい競争でも生き残ってきた。

 「バイクの事故で顔がメチャメチャになったことも笑いに変えるしかなかったし。お客さんに笑ってもらえて、事故にあったかいもあったというかね(笑)」と振り返る。

 辛気臭くならないように、努めて冷静に、あえて淡々と書くことを心がけたという。仕事の合間に3日で一気に書き上げた。

 「読んでくれた人が笑いの世界ってホンマにいいところなんだ、おもろくて、楽しくて、温かくて、そういう人たちがたくさんいるってことが、ちょっとでも伝わればいいなとは思ってますけど」……千原ジュニアは、発売前に静かに語った。■『3月30日』の発売に先立ち、千原ジュニアがオリコンのインタビューに答えた。全文はこちら>> 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。