ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2008年02月04日 13時00分
3日(日)に入籍報告をした、ガガガSPのボーカル・コザック前田(生田神社節分祭ゲリラライブでの模様) 
ガガガSPメンバー 
生田神社節分祭でのゲリラライブの様子 

ガガガSPコザック前田、“紀香&陣内”夫妻にあやかる!?

■その他の写真はこちら

 ロックバンド・ガガガSPのボーカル・コザック前田が3日(日)、期間限定ユニット『ガガガDX』として神戸・生田神社で行われた『節分祭』に参加後、早ければ今週中にも都内在住の看護師・Aさん(25歳)と入籍することを明らかにした。また、この日夜には自身の公式野球ブログ『コザック前田の野球狂人生』でファンに対して「今月に僕は彼女と入籍します★★★」と報告した。

 ガガガSPは2002年1月、「卒業」でソニーレコーズよりメジャーデビュー。日本語パンクロックブームの牽引者として、03年1月に神戸・新長田で開催したフリーライブには1万人の動員を集め、一躍注目のバンドとなった。たが、05年2月には前田が、パニック症候群を患い休養。その後、2006年末には自主レーベルを立ち上げて再スタートを切ったが昨年末より日産『セレナ』のCMソング「にんげんっていいな」が着うたを中心にヒットを記録。今月1日(金)には、テレビ朝日系『ミュージックステーション』にも4年ぶりに出演を果たしたが、活躍の陰には“内助の功”が大きかったようだ。

 ブログで前田は「少々順序は逆になってしまったんですが、適当で全力な一児の親になりたいと思います。(初出演映画の)「結婚しようよ」って映画に出た後に自分が本当にこういうことになるとは夢にも思わなかったなあ〜★まあ野球狂であることにはこれからも変わりがないのでこれからもよろしくお願いします」と綴った。

 妻となるAさんは、06年2月にガガガSPのライブを観覧後、知人を通じて知り合い、その後交際に発展。前田がオリックスファンということもあり、本拠地のスカイマークスタジアムや京セラドーム大阪などでデートを重ね、愛を育んだという。新妻は現在、妊娠4ヶ月に入ったところで、今年7月中旬に出産予定。前田も、昨年2月に同郷で芸能界の先輩・藤原紀香&陣内智則が挙式した“生田さん”で、2人の幸せにあやかるべく、安産のお守りを購入したことも明かした。バンド結成11年目に突入した“第2幕”で、仕事のみならずプライベートでも明るい話題を届けてくれることとなった。

 なお、前田と同バンドのギター・山本聡が今夜放送されるTOKYO FM系『SCHOOL OF LOCK!』に生出演、喜びの声を届ける予定。

■ヒット曲満載&好評配信中!!
ガガガSP /ガガガDX
着うた(R)/着うたフル(R)はこちら

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。