ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2008年01月18日 06時00分

書籍を出版して欲しい芸人1位、“インテリ”「小島よしお」


写真を拡大する
1位の小島よしお(07年10月3日撮影)


写真を拡大する
2位の陣内智則(07年11月18日撮影)


写真を拡大する
3位のにしおかすみこ(07年12月15日撮影)

■ランキング表はこちら

 昨年末に発表した「オリコン年間書籍ランキング2007 Japan book of the year 2007」で、『ホームレス中学生』(田村裕(麒麟)著)や『佐賀のがばいばあちゃん』(島田洋七著)が上位にランクインするなど、最近お笑い芸人が執筆した本が人気を集めている。そこで、オリコンでは次に本を書いて欲しいお笑い芸人は誰なのかをアンケート調査したところ、1位に輝いたのは【小島よしお】。ハイテンションの「おっぱっぴー」とは別の一面を覗いてみたいという人が多いようだ。

 【小島よしお】は、昨年「2007年最も活躍したと思う人」ランキングでも1位を獲得するなど人気絶頂。しかし、今回は人気だけで1位に輝いたわけではない。「早稲田の実力を見せてほしい」(東京都/40代/男性)など、「有名私大卒」で「頭がいい」ことを指摘する声が多く、「勉強法の本とか出せばいいと思う」(岐阜県/専門・大学生/女性)という意見も。また、「いつも“関係ねぇ”しかいっていないので、何を書くのか気になるから」(東京都/専門・大学生/女性)など、本心を知りたいというものから、鍛えられた体のためか「ビリーズブートキャンプみたいなDVD を出すのもいいと思う」(千葉県/中・高校生/男性)というアイディアも寄せられた。

 2位は、昨年女優の藤原紀香さんとの結婚が話題となった【陣内智則】。やはり書いて欲しいのは、「結婚までの軌跡を読んでみたい!」(熊本県/20 代社会人/女性)、「どんな夫婦生活か興味がある」(大阪府/40 代/男性)といった結婚までの経緯と新婚生活の内容に注目が集まってのランクイン。

■女性のピン芸人にも期待

 3位は【にしおかすみこ】。「ドSキャラだが本音を聞いてみたい」(埼玉県/40 代/女性)、「素顔を暴露、みたいな感じで」(東京都/中・高校生/男性)など、作り込まれたキャラクターではなく、普段の様子や素顔を知りたいというものや、「母親ネタが多いので、どんな家族が出てくるんだろうと期待できる」(静岡県/専門・大学生/女性)というように、芸風やネタにちなんだ理由があがった。

 そのほか、4位【柳原可奈子】は「ブログを見てるんですが、題名などに書く事がおもしろい。よくこんな事浮かぶなぁみたいな。服装、仕草も可愛くて、本が出たら読んでみたい」(広島県/20代社会人/女性)と彼女のキュートなキャラクターと多彩な才能に期待する声が寄せられた。5位の【劇団ひとり】には処女作『陰日向に咲く』の続編や新作を熱望する声が、同じく5位の【徳井義実】には「“妄想100 選”みたいなものを出して欲しい。徳井さんの頭の中がどうなっているのか知りたい!」(大阪府/中・高生/女性)などの声が寄せられた。

 今回のアンケート調査では、お笑い芸人の素顔を知りたいというものとともに、芸人としての売れるまでの軌跡や秘訣を綴って欲しいというものが多く見られた。お笑い芸人の中でも、成功者として認められている人に特に関心が集まるなど、人気を得るまでのサクセスストーリーを描いた本が望まれているようだ。

(2007年12月13日〜17日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、中・高校生、専門・大学生、20代社会人、30代、40代の男女、各200人、計2,000人にインターネット調査したもの)


 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。