ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2007年12月24日 09時00分

「負けた原因は僕」キングコング西野、M-1リベンジ誓う

■その他の最新写真ニュースはこちら

 23日(日)に行われた『M-1グランプリ2007』決勝で3位に終わったキングコングの西野亮廣が大会数時間後にブログを更新し、「僕は何年かぶりに泣きました」と終了後に男泣きしたことを明かし、「キングコングが負けた原因は僕です」と自らを責めている。

 敗者復活からの優勝という劇的な幕切れとなった今年のM-1。史上初の快挙を成し遂げた伏兵王者サンドウィッチマン、最後の挑戦で過去最高の2位に輝いたトータルテンボス、そして6年ぶりのファイナル進出が注目され1回戦を2位通過するも最後は3位に終わったキングコング。最終決戦の審査員投票ではサンドウィッチマンが4票、トータルテンボスが2票、キングコングが1票という結果に「自分でもビックリするくらい悔しかったです」と綴り「僕は何年かぶりに泣きました」と“男泣き”を告白。

 西野は涙を流した理由を「チャンピオンを取れなかったという事実よりも、僕自身キングコングよりもサンドウィッチマンさんの漫才の方が今の段階では面白いと思ったから」と説明。「審査員の審査ミスなら幾分ラクだったと思います。でも、そうではなかった。優勝は文句無しでサンドウィッチマンさんです」と王者の健闘を称えたうえで、「その中で梶原は120点の仕事をしました」と相方・梶原雄太への気遣いをみせた。

 それらを踏まえ「僕は来年もM-1グランプリに出ます。いろいろデメリットもありますが、プライドが許さないので来年も出ます。そして優勝します」と早くも来年のV宣言。ちなみにブログではこのほかに「負けました。その程度のコンビだということです」、「キングコングが負けた原因は僕です」、「面白くないばかりに悔しい思いをした」、「今日はクソ面白くない漫才をしてしまってすみませんでした」と自虐的に綴っている節が多数見受けられた。

■M-1決勝戦出場者のヒット曲好評配信中!!
笑い飯 / POISON GIRL BAND / 千鳥 / トータルテンボスの着うた(R)/着うたフル(R)、ハリセンボンの着信メロディはこちら

■芸能・音楽・お笑い・流行りもの全て見せます!2007年エンタメ総決算!!
■年末総決算特集『オリスタ記者が見た!聞いた!2007年芸能総括!!』
■年末総決算特集『07年のポップアイコン 沢尻エリカの魅力に迫る!』
■年末総決算特集『2007年は“ガッキー”の年だった!?新垣結衣のブレイクジャーナル』
■年末特集第3弾『2008年、恋の行方をズバリ予想!あのビックカップルの今後は・・・?!』
■年末特集第4弾『2007年お笑い総決算!ブレイク芸人徹底解剖!!』
■クリスマス特集『4週連続!クリスマス特大企画!!』
■クリスマス特集『今年、貰いたいクリスマスプレゼント・ランキング大発表!!』
■クリスマス特集『Xmasに素敵なLOVEをゲットする方法』  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。