ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2007年11月22日 12時00分

人気の働きマン、呼ばれてうれしい「がんばりマン」

■主な回答一覧表はこちら


写真を拡大する
ドラマ『働きマン』主演の菅野美穂(10月1日に行われた、ドラマ『働きマン』制作発表会見の様子)

 アニメにドラマにと、今や社会的ブームを巻き起こしている安野モヨコ原作のマンガ『働きマン』。私生活を犠牲にしながら仕事に奮闘する29歳の雑誌編集者、松方弘子の姿を描いた、“働くとは何か”を問いかけるマンガだ。「働きマン」に注目が集まる今、オリコンでは女性を対象に「自分が呼ばれてうれしいのは○○マン?」というアンケートを実施。すると、特に「30代」、「40代」から【がんばりマン】という声が聞こえてきた。

 「主婦のがんばりはあまり認められないので」(高知県/30代)、「家事に育児にがんばっているので」(神奈川県/40代)など、普段当たり前の仕事と思われがちな主婦からの票が集中。日頃のがんばりに対する何かしらの言葉や、行動を求める女性が急増しているよう。

 次に多く票を集めたのは【スーパーウーマン】。名前のごとく「「出来る女」という感じがする」(長野県/20代社会人)と人気だ。また、やはり女性らしく「女性にとっては1番の褒め言葉だと思う」(東京都/30代/美人マン)と言うように、【美人マン】や【ビューティフルマン】なども人気を誇った。

 そのほかにも「オムライスが大好きなので」(静岡県/30代)という意見で【オムライスマン】や、いつまでも若々しくいたいという願望から【ヤングマン】という人など、オンリーワン回答も多数寄せられた。さらに、中にはこれからのシーズン向きとして「飲み会で楽しく騒ぐのが好きだから」(佐賀県/40代)との理由で【宴会マン】なんて答える人も。

 年末が近づくにつれて、さらに忙しくなり、働く女性はその分輝きも増していく。努力を認めてほしいと願う【がんばりマン】が溢れているのは、「おつかれさま」や「ありがとう」の一言が減ってきているからなのかもしれない。今晩にでも労いの言葉を掛け合ってみてはいかがだろうか?

(07年10月18日〜10月22日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、20代社会人、30代、40代の女性、各100人、合計300人を対象にインターネット調査したもの)




■芸能・音楽・お笑い・流行りもの全て見せます!2007年エンタメ総決算!! http://www.oricon.co.jp/music/special/year_end_2007.html  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。