ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2007年11月02日 16時00分

スーツが似合う男性タレント、1位は木村拓哉


写真を拡大する
2位に選ばれた佐藤浩市。10月2日(火)、NHK木曜時代劇『風の果て』の会見での模様。

■ランキング表はこちら

 秋も深まりそろそろ肌寒くなってくる季節。秋冬用のスーツを新調するなど衣替えを始めた方もいるのではないだろうか。しかし、新調するにしてもどんなスーツが自分に合うのか迷ってしまうところだ。そこでオリコンが「スーツが似合う男性タレント」に関するアンケート調査を行なったところ、映画『HERO』のスーツ姿も印象深い【木村拓哉】が1位に選ばれた。

 第1位【木村拓哉】の回答を見ると、「何を着ても似合いそう」(福井県/20代/男性)、「さりげないオシャレが似合いそう」(兵庫県/30代/男性)、「小物にもこだわっていそう」(東京都/30代/女性)と支持を集め、着こなしなどオールマイティーに高い評価を得て、男性からの支持が多かった。

 女性に人気が高かったのは第2位の【佐藤浩市】。「車のCMを見て、いつも惚れ惚れしているから」(東京都/40代/女性)とCMでのスーツ姿の印象が強く、「スーツが似合いそうな体型だし、年齢的にも一番格好良く着こなせる世代な気がする」(福岡県/30代/女性)、「身長が高くて、肩幅もあり、年を重ねた感じが素敵」(島根県/40代/女性)と30〜40代女性を中心に熱狂的な支持を集めた。

 第3位は【オダギリジョー】と【松本人志】の2人。女性からの支持が高い【オダギリジョー】は女性回答編でも3位にランクイン。一方の【松本人志】は「普段からスーツを着ているし、似合っている」(神奈川県/20代/男性)、「いつもスーツ姿だし、見慣れているから」(三重県/40代/男性)と男性からの支持を集め、男性回答編で2位になっている。

 また、女性回答編2位には【堂本光一】がランクインしている。「背筋がきちんと伸びていて、立ち方が綺麗だから」(山形県/20代/女性)、「全体的にコンパクトな感じだけれど、バランスがいい」(神奈川県/40代/女性)、「あまりスーツを着ていないけれど、たまに見るスーツ姿が最高にかっこいい!」(長野県/20代/女性)といった理由だ。

 ランキング結果を見ると、「スーツが似合う」と評価する理由は、主に着慣れている印象と、スーツ姿の新鮮さの2パターンに分かれるようだ。

 (自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、20代、30代、40代の、登録属性で、「会社員(事務系/技術系/その他)、公務員、経営者・役員、契約社員・派遣社員の方」、男女各150人、合計900人にインターネット調査したもの)


 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。