ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2007年09月28日 14時00分

お土産「白い恋人」それでも人気

■ランキング表はこちら

 「出張帰り」と聞くと、ついつい期待してしまうのがお土産。気の利いたお土産で日頃の感謝の気持ちをさりげなく伝えれば、オフィスでの好感度もあがるはず。 今回、オリコンが「出張のお土産でもらって嬉しい食べ物」に関するアンケートを実施した結果、宮城県の銘菓である【萩の月】が1位に選ばれた。また、2位には【白い恋人】がランクインし、賞味期限改ざんなどのニュースがあったが、それでも高い人気を示した。

 抜群の人気で第1位を獲得したのは【萩の月(宮城県)】。「甘いものの中で一番好き」(東京都/40代/男性)、「毎日1個は食べたい」(千葉県/20代/女性)、「スポンジとクリームのハーモニーが絶妙!」(神奈川県/40代/男性)など、お気に入りスイーツとして男女ともに高い支持を得た。また、「個別包装なので、オフィスで食べる時間がない時は持ち帰ることもできる」(東京都/30代/女性)と手軽さを評価する声もあった。

 第2位は【白い恋人(北海道)】。「これを買ってくれば、北海道だなって思う」(鳥取県/20代/女性)、「北海道に行った気分になる」(千葉県/20代/女性)という、ローカル色の濃さが人気の理由。「あのニュースは残念だったけど、おいしいから!」(島根県/20代/女性)との声も多く、再出発に期待が寄せられている。

 第3位は【東京ばな奈(東京都)】で、「何個でも食べられるほどうまい!」(大阪府/20代/男性)という味の評価だけでなく、「ザ・東京って感じだから」(岡山県/20代/女性)とイメージ面からも、東京みやげの定番になりつつあるようだ。

 ランキングTOP10を見ると【マルセイバターサンド(北海道)】、【じゃがポックル(北海道)】、【赤福(三重県)】、【八つ橋(京都府)】など、地元を中心に販売される銘菓が上位を占めた。

 人気のお土産に共通するのは、やはり日常的に食べたくても、なかなか買えないという希少さ。そしてその人気の前提には、美味しさが欠かせな。奇をてらったお土産でウケを狙うより、味勝負で選ぶほうが喜ばれるという結果もぜひ参考にしていただきたい。

 (2007年8月23日〜8月27日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、20代、30代、40代の、登録属性で、「会社員(事務系/技術系/その他)、公務員、経営者・役員、契約社員・派遣社員の方」、男女各150人、合計900人にインターネット調査したもの)


 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。