浅野温子、まさかのミス発言「受信料払ってるから怒らないで」

浅野温子  [拡大する]

浅野温子 

■その他の写真はこちら

 NHK土曜ドラマ『ジャッジ〜島の裁判官奮闘記〜』の完成試写会が9月21日(金)、東京・渋谷の同局内で行われ、主演の西島秀俊戸田菜穂浅野温子が出席。裁判官というテーマをもとにそれぞれが撮影を振り返った。

 小さな島に赴任した、たった1人の裁判官・三沢恭介を演じた西島は「裁判官はカタい、冷静、権威的な方と偏見を持っていましたが、会うと心の優しい方でした。普通の人間よりも真っ直ぐで人間身溢れる人で、つかみ所のない役ではなかったです」と振り返った。

 裁判官の妻を演じた戸田は「裁判官の妻も普通の夫婦の妻も同じ。相手を尊敬する気持ちが大切」と話し「西島さんと共演できて幸せでした」と満面の笑みを見せた。

 また西島の印象を聞かれた浅野は「西島さんは寝てばっかりいたので。あ、それは『フレンドパーク』で(その様子を)言っているので、それを観てください。あ、『スタジオパーク』(視聴者体験型施設)だった」とNHK関係者をヒヤリ。すぐさま「受信料払ってるから怒らないで〜」とお詫びを入れていた。

 同ドラマは10月6日(土)から全5回放送される。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について