ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2007年09月21日 14時00分

優秀なセールスマン、1位は木村拓哉

■ランキング表はこちら

 東国原知事が登場してから、宮崎県の知名度はうなぎ上り。もはや知事というより宮崎県を売る“トップセールスマン”さながらで、知事就任から1週間で推計約165億円もの経済波及効果をもたらしたとも言われているほどだ。そんな中、オリコンでは「成績優秀なセールスマンになれそうな男性タレント」に関するインターネットアンケート調査を実施した。

 総合1位の座に輝いたのは【木村拓哉】。「自分をも魅せるのが上手だから、商品の魅せ方も上手いはず」(福岡県/20代/女性)、「妥協せず、コツコツ下積みをするイメージがある」(北海道/30代/女性)、「ユニークな発想で相手の心に飛び込んで、大きな商談をまとめるセールスマンになりそう」(東京都/30代/男性)と男女ともに支持を集め、女性が選んだランキングの1位、男性が選んだランキングの3位も獲得した。

 総合2位は【明石家さんま】で「相手を楽しませながら、自分のペースで話を進められそう」(神奈川県/40代/女性)、「誰とでも話ができて仲良くなれそう」(兵庫県/40代/男性)と、トーク力の高さを評価する声が多く、男性が選んだランキングでは1位にランクイン。

 同じく男性から支持が多かったのは、総合3位の【織田裕二】。「『踊る大捜査線』でのイメージが強い」(福岡県/30代/男性)と役柄の印象から「やる気たっぷりのキャラだから」(東京都/40代/男性)、「嘘をつかない誠実なイメージ」(栃木県/30代/男性)と特に30〜40代男性の支持を集め、男性が選んだランキングでも2位となっている。

 一方、女性からの人気が高かったのが【島田紳助】。総合部門で【織田裕二】と同着3位で、女性が選んだランキングでは2位に浮上。「トークに説得力がある」(茨城県/20代/女性)、「人と接するのが上手いし、金銭感覚も社会情勢もわかっている」(東京都/30代/女性)など、豊富な知識に裏付けられたトークに説得力を感じている女性が多かった。

 さらに【小泉孝太郎】も、女性が選んだランキングで4位と奮闘。「誠実に一生懸命対応してくれそう」(兵庫県/30代/女性)、「爽やかさと人なつっこい笑顔がセールスマンに向いていそう」(千葉県/20代/女性)など、マジメな印象が好印象につながっている。

 今回のランキング結果を見ると、ルックスやタレントとしての人気だけが評価されているわけではなく、あくまで誠実さや、実際のトークのセンスが評価基準になっていることがわかる。“イケメン”ではなくても、優秀なセールスマンになれる可能性は十分にあるということだろう。 

(2007年8月23日〜8月27日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、20代、30代、40代の、登録属性で、「会社員(事務系/技術系/その他)、公務員、経営者・役員、契約社員・派遣社員の方、男女各150人、合計900人にインターネット調査したもの)


  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。