ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2007年08月16日 12時00分

ハードでムキムキな“肉体芸”は、国境を越える!?

■ランキング表はこちら

 今もなお続く、お笑いブーム。無数のお笑いタレントがしのぎを削るなか、最近では日本人と米国人の漫才コンビ「パックンマックン」や、日本人とオーストラリア人のお笑いユニット「ジパング上陸作戦」など、外国人の活躍も目立つ。では、日本から海外へ進出できそうなお笑いタレントとは? オリコンでは「海外でも通用しそうなお笑いタレント」についてインターネットアンケート調査を実施した。

 総合1位の座に輝いたのは、「欧米か!」のフレーズでブレイクした【タカアンドトシ】で、男女別でも1位。「欧米か!を、ジャパンか!みたいに、お国柄ネタにすれば、どこでも通用する」(東京都/専門・大学生/女性)、「シンプルな言い回しのネタが多いので、英語でも再現性が高そう」(神奈川県/20代社会人/男性)などの意見が多数。

 総合2位は【ダウンタウン】、総合3位が【明石家さんま】と、ベテラン芸人が名を連ねた。話術の巧みさはもちろん、「ダウンタウンには、外国人に負けない気迫がある」(東京都/40代/男性)、「さんまさんのお笑いは、人を傷つけない」(東京都/20代社会人/女性)といった面からも、高く評価されていることがわかる。

 一方、「ネタのテンポがいいので、日本語が通じなくても間が持ちそう」(東京都/高校生/男性)と、リズミカルなネタで支持されたのは総合4位の【オリエンタルラジオ】。同じく視覚的な楽しみを提供できるネタがあることから、支持を得たのは映像を使ったネタで知られる【陣内智則】や、インパクトのある肉体芸で人気の【なかやまきんにくん】、【レイザーラモンHG】など。

 事実、【なかやまきんにくん】は今年2月に米国サンタモニカで単独ライブを行い、かなりの人気を呼んでいたとか。ビジュアルで笑わせるネタは、海外進出につきものの“言葉の壁”というハードルを乗り越える強力な武器になるという見方は正しいようだ。

自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、高校生、専門・大学生、20代社会人、30代、40代の男女、各100人、合計1,000人にインターネット調査したもの)







■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


                 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。