ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2007年08月10日 06時00分
ダルビッシュ有投手 
サエコ[07年4月撮影] 

サエコ、妊娠6週目 夫・ダルビッシュに“公開プロポーズ”要求

 北海道日本ハムのダルビッシュ有投手が8月9日(木)、札幌ドームで行われた対楽天戦後に会見を行い、若手女優の注目株・サエコと結婚を前提に交際をしていることを正式に認めた。サエコは現在、妊娠6週目。今オフに入籍することも同時に発表された。

 8回途中で無念の降板となったダルビッシュ。「完封してお立ち台に上がりたかった」という若き右腕は、決して納得した表情はみせなかった。「前半から飛ばしました。(前回登板と同じく)腕がつって内容は良くなかった」。だが、リリーフ陣の磐石のリレーで見事、チームで今季初となる2桁勝利をマーク。首位もガッチリ守り「特別な試合で10勝できたのは嬉しかった」と笑顔をみせた。

 この日、札幌ドームには平日のナイターとしては異例の、3万5000人のファンが詰めかけ、その一人ひとりが彼からの“報告”を待った。「記事の通り、結婚を前提にお付き合いさせてもらっています。僕自身嬉しいことに、子供を授かりました!」。3塁側ベンチには、爆笑する日ハムナインが笑顔で祝福。テレビ画面を通して応援していたサエコへの“公開プロポーズ”という願いは、照れ屋の右腕には少々荷が重かったのか「アハハ」と避けた。それでも「(彼女に)勝つと約束しました。これからもよろしくお願いします!」と力強くコメント。「一番にファンへ報告したかった」という想いを見事、実現させた形となった。

 ヒーローインタビュー終了後に行われた会見では、今年5月、知人の誕生日に知り合い、すぐに意気投合したことを明かした。「(女優と)知らなかったが、CMで見た覚えがあったので・・・話しも合うし、スグに付き合いました」。プロポーズに関しては「ヒーローインタビューでして欲しいって言われたが、まだしてません。お互いの呼び名? それは想像にお任せします」と下を向いて濁した。

 だが、「彼女の明るくて、落ち込まない所に惹かれ、励みになった。(街で)周りには気付かれても、堂々と(東京、大阪などで)デートをしました!」とノロけ、さらにサエコが、今年のオールスターゲームなど球場に3回ほど観戦に訪れていたことを告白。手料理には「今から練習するってゆうてます!」と苦笑い。これからの“成長”を願っていた。

 さらに、10日ほど前に彼女から“妊娠6週間”を告げられた時は「向こうは切羽詰まっていたので冷静に対応した。でも、自分の血がつながっている子ができたのは嬉しいですよね」と笑顔で話す姿は、まさに“ダルパパ”の名が最も似合う。「周りに迷惑をかけた」と、反省する一面も見せたが、最後には「今まで以上に3人の(家族)のために頑張ります!」と語った。北の大地の快速右腕は、チームにとっても家族にとっても文字通り“大黒柱”へと駆け上がった瞬間だった。      

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。