ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2007年08月07日 16時00分
シン・スンフン 
M(イ・ミヌ) 
SS501 

K-POPスターが大集合『M countdown in Japan 2007』

■その他の写真はこちら

 韓国総合エンタメ番組『Mnet』がケーブルテレビJ:COMで放送開始されたのを記念したイベント『M countdown in Japan 2007』が8月5日(日)、東京国際フォーラムで開催された。シン・スンフン、M(イ・ミヌ)、SS501(ダブルエスゴーマルイチ)など豪華な顔ぶれが揃い、5000名の招待客を熱狂の渦に巻き込んだ。

 M(イ・ミヌ)の「Showdown」でスタート。中盤では、韓国でも人気のSuper Junior(スーパージュニア)が登場し、黄色い声援が飛んだ。今回は13名中9名が来日。1人ずつ日本語で挨拶をし「Miracle」を含め3曲を熱唱した。今月日本でのライブが決定しているシン・ヘソン、国民的グループgodの元メンバーのソン・ホヨン、人気上昇中のPARAN(パラン)、BIGBANG(ビッグバン)、F.T.island(エフティーアイランド)も駆けつけると、ファンのボルテージは最高潮に。

 後半では、日本デビューシングル「Kokoro」が8/13付オリコンシングルランキング初登場10位を記録したSS501が、サプライズゲストとして登場。ジョンミンは「楽しんでますか? 盛り上がってますか?」と流暢な日本語で呼びかけ、カップリング曲「BE A STAR」を披露した。

 “バラードの皇帝”シン・スンフンは日本でも大ヒットした映画『猟奇的な彼女』の主題歌「I Believe」含む3曲をしっとりと歌いあげ、会場は色とりどりのペンライトで幻想的な空気に包まれた。フィナーレでは、出演者全員がステージに登場。シン・スンフンが「今日、韓国の音楽を愛してくれている皆さんに会え、目の前で歌えて、私と私の後輩達はとても幸せでした。これからももっと頑張ります」と感謝の気持ちを伝えた。

 今回の模様は『Mnet』にて8月9日(木)日韓で同時放映。『M countdown』は最新のK-POPチャートをアーティストのライブ形式で放送するMnetの看板コーナー。今回のMCは日本でもお馴染みのユンナが日本語を、韓国語はSuper Junior(スーパージュニア)のイトゥク、カンイン、シンドンが担当した。

■ヒット曲満載&好評配信中!!
シン・スンフンの着信メロディ はこちら

SS501の着信メロディ はこちら

シン・ヘソンの着信メロディ はこちら

ユンナの着信メロディ はこちら

      

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。