ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2007年07月28日 09時00分

ビジネスシューズ、何足常備が一般的?

■ランキング表はこちら

 ビジネスシーンで履く「ビジネスシューズ」。ビジネスマンにとって常備しておくのは常識と思われるが、では一体何足くらいの常備が平均的なのだろうか? 今回オリコンでは「ビジネス用の靴は何足ぐらい常備しているか?」を調べてみた。

 一番多かったのは「2足」で、全体の3割近くを占めている。主な理由としては「1足が使えなくなった時用にもう一足用意してます」(20代女性/愛知県)、「1足だと不安だし3足以上あっても好みがあって同じのをはいてしまう」(30代男性/愛知県)、「長持ちさせるには、毎日履いてはいけないと聞いたことがあるから」(30代男性/東京都)といった“普段履く靴プラス予備”的なものがほとんど。つまりこの数字は“余裕を持った上での”2足ということらしい。

 続いて多かったのは「1足」。こちらで多かったのは「基本的に制服なので、1足で問題ない」(30代女性/神奈川県)という、通勤時の服装が自由な人の意見。こういう人は内勤時のみに履くことが多いため、1足あれば十分ということらしい。それ以外では「何足も買うお金が無いから」(20代男性/千葉県)という金銭的理由。ちなみに年代別ランキングをみても20代1位は「1足」で、年齢が上がるにしたがって増えていく傾向もあった。20代はまだ社会人になって間もないために、経費的な問題もあるのだろうか?

 続いて3位は「3足」。このくらいになると「服の傾向に合わせてデザインを変えるため」(30代女性/熊本県)「何かあったときのためと、毎日同じのを履いているとニオイも気になるし、おしゃれじゃないから」(30代男性/東京都)といった身だしなみやオシャレを気にするコメントが増えてくる。ちなみに「3足」が1位を獲得したのは40代部門であったことにも注目。そういった心がけを持つには、経験値と金銭的ゆとりが必要、ということだろうか。

 以下4位は「5足」、5位が「4足」。全体的に少なめな傾向となった今回のリサーチだが、「11足以上」という回答者も何人かいた。主な意見としては「靴は最低中3日は空けて履きます。ファッションや季節で変わってくるし、どうしても沢山必要」(30代女性/埼玉県)「毎日履くものだから、足りないくらい」(40代女性/千葉県)など。また、11足以上と答えた人は全体的に女性が多かった。

(2007年7月19日〜7月23日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、20代社会人、30代、40代の男女、各100人、合計600人にインターネット調査したもの)


オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。