ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2007年07月13日 06時00分

つんく♂芸能生活15周年の集大成ベスト発売決定!


■代表曲のジャケット写真はこちら

 シャ乱Qのボーカルであり、モーニング娘。らのプロデューサーとしても知られるつんく♂の芸能活動15周年を記念したベストアルバムが発売されることが7月12日(木)、分かった。

 1992年7月22日にシャ乱Qとしてデビューしてから15年を経て、自身の音楽活動を振り返る。オリコン1位獲得楽曲や紅白出場楽曲など自身が書き下ろした楽曲から他アーティストへの提供楽曲、プロデュース楽曲などをレーベルの枠を超えて自らセレクション。上・下の2巻に分けて、それぞれ9月26日と12月5日にブックレット+三方背BOX+ジュエルケース4枚組仕様でリリース。上巻の収録曲は58曲に及び、ブックレットにはつんく♂たっての希望で行った、麻生太郎外務大臣との対談を収録。

■15周年記念アルバムの収録曲一覧はこちら


芸能活動15周年を記念したベストアルバムを発売するつんく♂

『つんく♂ベスト作品集(上)「シャ乱Q〜モーニング娘。」
〜つんく♂芸能生活15周年記念アルバム〜』発売に関してのつんく♂コメント


つんく♂です。

1992年7月、大阪から意気揚々と上京した。
契約期間の2年間が、僕の残された芸能寿命だった。

しかし、いろんな人に出会い、いろんな愛を感じ、そして、自分の運の強さを知り、「先祖への感謝」という感情も生まれた。

シャ乱Q「「上・京・物・語」のヒットをきっかけに契約が延長。
「シングルベッド」「ズルい女」「いいわけ」がミリオンヒット。
やがて、モーニング娘。のプロデュースが始まり、「抱いてHOLD ON ME!」での紅白出演を果たし「LOVEマシーン」というミラクル楽曲に出会った。
そして、太陽とシスコムーン後藤真希松浦亜弥ミニモニ。などなど、ハロー!プロジェクトのメンバーを始め、様々な優秀なアーティストと出会うことが出来た。

レコーディングの作業に追われ、自分のライブも行なっていたので、睡眠不足が続いたり、プライベートも何もないなんてこともあったけど、アーティストからの純粋な喜びの声や、音楽ユーザーの皆様からのいろんな賛美を頂くことで、睡眠不足や、すべての苦労など、微塵となって、消えて行き、多大なる幸せを感じることが出来ました。

気がつけば作詞975曲、作曲1027曲、延べ1082タイトル(2007.7.2.現在JASRAC登録曲数)ほどの作品を生み出し、15年の月日が流れていた。

今回、芸能生活15周年を記念に百数十曲をチョイスし、上巻下巻に分けて、リリースすることとなりましたことを、心より感謝いたしております。
また、ご協力いただきました、アーティストおよび、関係各位の皆様、ありがとうございました。
こうやって、自分の分身を形に残すことの出来ることへの喜びは、何事にも変えがたい感動を覚えます。
これを気にまた(原文ママ)、更なる努力をし、そして、また、皆様から喝采いただけるような画期的な作品を制作していきたく思っています。

そして、この先、更にいろんなアーティストと出会い、感動を分かち合える日が来るのを楽しみにしています。

           

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。