ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2007年07月11日 21時00分
次世代演歌界を担う3人娘が新ユニット“グー・チョキ・パー”結成! 
左から森山愛子、小村美貴、三代目コロムビア・ローズ 

次世代演歌界を担う3人娘が新ユニット結成!

 作曲家・水森英夫氏の門下生である森山愛子小村美貴三代目コロムビア・ローズの3人がユニットを結成。7月11日(水)に東京・上野の水上音楽堂で行われたイベントで、ユニット名が“グー・チョキ・パー”と発表された。

 これは、3人の大先輩である美空ひばり江利チエミ雪村いづみの3人が1955年に雑誌『平凡』や映画の企画から“じゃんけん娘”として一世を風靡したことに因んだもの。「どんな名前になるのかすごく楽しみだった。小さい子供さんにもわかる言葉だし、老若男女の皆さんに親しんでいただけると思います」(森山)、「かわいらしいし、横文字の名前より覚えやすくて、私たちらしい名前ですね」(小村)、「一度聞いたら忘れない名前。一人ひとりの個性を発揮して、3人で力を合わせて頑張ります!」(ローズ)とそれぞれ意気込みを語り、憧れの先輩歌手として、氷川きよしから「一緒に演歌を盛り上げていきましょう」という激励メッセージも。

 今年2月に巣鴨で初めて3人でイベントを開催。ユニット名を一般公募することになり、5314通の応募の中から選ばれた。3人は可愛らしい浴衣姿で登場し、小村が「大阪のおんな」、ローズが「夢のバスガール」、森山が「おぼろ月夜の上州路」と最新曲を披露した後、3人で爽やかに「夏のお嬢さん」を歌い上げた。また水森氏作曲による、今回のユニットのために作られたオリジナル曲「今宵コガレテ恋模様」も初披露された。

 また、師匠である水森英夫氏もステージで挨拶。「デビュー前にレッスンしていた頃と違って、だいぶプロらしくなったと思う。声がちゃんと出ていたし、レッスンの時だけでなく、普段から努力していることがわかって、さすがうちの弟子だなと嬉しかった。3人ともスターになっていくという予感がする。どうか皆さん応援してやってください」と応援を呼びかけた。

 8月27日(月)には、大阪・新歌舞伎座で、グー・チョキ・パーによるコンサートが行われる。

■ヒット曲満載&好評配信中!!
森山愛子の着うた(R)/着うたフル(R) はこちら

        

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。