ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2016年02月17日 12時00分
他人の評価ばかりを気にしていてはNG、しっかりと自分を見つめてより良い生き方を

職場で役立つ“いいね!”を気にしない生き方

 2015年12月に労働安全衛生法に基づく「ストレスチェック制度」が施行されたが、すでにチェックを受けたという人もいるのでは? 職場には仕事の量や質、対人関係などさまざまなストレス要因がある。人はそれぞれ物事への捉え方や考え方によって受けるストレスが異なると言われており、軽減するためには自分の考え方や捉え方のクセを知り見直すことが大切だ。今回はそのヒントを紹介する。

■褒められたい願望を捨ててみる

 人間には他人から価値ある存在と認められたい、尊重されたいと思う“承認欲求”が少なからずあるという。この欲は人が成長するために必要だと考える人もいる。しかし、あまりにもその気持ちが高まりすぎてしまうと、そうされなかった時に反動として、自分の存在意義を失ってしまったり、大きなストレスを抱えることになってしまったりするという。他人の評価ばかりを気にしていては、本当の自分が失われてしまうもの。自分は人から認められたい、褒められたいという思いが強いかも?と感じている人がいたら、まずは承認欲求を否定するよう意識してみることから始めてみよう。

■能力は正しく見極める 無理せずNOという勇気を

 次に自分自身に対する、周囲からの期待値を下げることを考える。自身に対する期待値を下げるというのは決して後ろ向きなことではなく、自分にできないことを「できる」と言って無理をしないことを指す。ビジネス面ではなかなか「これはできません」とは断れないものだが、無理して引き受けてミスをしたり、体調不良になったりすれば、かえって迷惑をかけてしまうことになる。しっかりと白旗が上げられるということは、自分の能力を適正に判断する第三者的視点があるという証でもある。もちろん、面倒だからと手を抜いて「できない」というのは言語道断だが、自分には何ができるのかを知っておくことはとても大事だ。

■ありのままの自分を受け入れ、その上をいく努力を

 そして、ありのままの自分を受け入れ認める“自己受容”も重要。たとえば、現状の自分にはできないことがあったとしよう。その場合は、できない自分を認め諦めるのではなく、その状況を把握しどうすればできるようになるかを考えて前に進む努力をすること。一時の他人の評価や目を気にするのではなく、目的のために動いているんだという自覚をすることも大切だと言える。

 職場には自分ではどうにもならないストレス要因もある。しかし、自身の物事の捉え方を変えることで気持ちが楽になり、結果的に仕事の好循環を生むことにつながる可能性も。まずは他人からの“いいね!”を気にしないことから始めてはいかがだろう。

(文/寺本亜紀=キャリアコンサルタント)


転職にまつわる情報が満載「オリコンキャリア」  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。