ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2014年02月19日 14時00分
「倍返し」「じぇじぇじぇ」…流行語を用いてユーモアを交えながら現状を嘆く。(C)oricon ME inc.

恒例「サラリーマン川柳」100選 倍返しからゆるキャラ、NISAと秀作そろい踏み

 第一生命保険は19日、恒例となった『第27回 サラリーマン川柳コンクール』の入選100作品を発表した。3万3605句の中から選ばれた100句は、年間大賞が4つ選出されるなど流行語の豊富だった昨年の募集ということもあり、ジャンル別に分類すると「流行・話題編」が22句で最多。「倍返し!言えずに今日も おもてなし」(まめまろ)、「今でしょ!とNISAの勧誘 金NAISA(ないさ)」(フッ!なっしー)のように流行語の“合わせ技”でユーモアを交えながら現状を嘆く作品も目立っている。

 決めセリフ“倍返し”が流行語大賞にも選ばれたTBS系ドラマ『半沢直樹』。不屈の精神で上司や会社と戦う主人公だったが、現実社会を生き抜く会社員たちの受け止め方は悲喜こもごも。「意見出せ 出したら指示が倍返し」(理不尽な上司)、「オレの部下 半沢みたいな奴ばかり」(七福神)と、気概あふれる部下に手を焼く上司の本音がちらりとこぼれ、「やられたら やり返せるのはドラマだけ」(夢追人)と、決して羨望の眼差しだけを集めたわけではなさそうだ。

 同コンテストの醍醐味ともいえる夫婦生活や日常の悲哀を描いた句では、今年も流行語を巧みに引用。東京オリンピック招致の名スピーチ“お・も・て・な・し”になぞらえ、「妻不機嫌 お米と味噌汁『お・か・ず・な・し』」(不幸な男)から、「妻たちの女子会ランチ見てじぇじぇじぇ」(節約ランチ)など秀作が出揃うなか、「うちの嫁 後ろ姿はフナッシー」(段三っつ)、「プリクラに写る娘は誤表示だ」(中年小僧)と、毒っ気を効かせながらも、思わずクスリと笑ってしまう句が寄せられた。

 今回発表された中から、一般投票によってベスト10が選出される「私が選ぶサラ川ベスト10投票」は、本日より3月19日まで、スマホなどの携帯電話やWebサイト、また同社が配布する専用用紙などで受け付け。結果は5月下旬に発表となる。トレンドを織り交ぜ、ユーモアたっぷりに詠まれた中から大賞に輝くのは、どの句なのだろうか?

>>第一生命 公式サイト
『第27回 私が選ぶサラ川ベスト10』投票



※川柳、雅号はすべて応募者の表記に従っているため、一部当て字等での表記で掲載しています。
※作品の著作権は、すべて第一生命に帰属しています。無断での転載、使用はご遠慮ください。

■禁無断複写転載
※無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。
 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。