ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2013年10月22日 07時00分
知らなかったでは済まされないかも・・・日本語力に自信はありますか?
『知らずに使っている 実は非常識な日本語』(アスコム刊)

言葉の常識・非常識を知る!元NHKアナウンサーの日本語教材本に注目

 職場の上司や商談相手との何気ない会話のなかで、自分の日本語にどれぐらいの人が自信を持っているのだろう。先日アスコムより発売された『知らずに使っている 実は非常識な日本語』(著・梅津正樹)では、「“こだわる”ことで、相手が大迷惑!?」(第2章『時代が変われば、言葉の意味も変わる』)や「振りまくのは“愛想”と“愛嬌”のどちら?」(第8章『判断に迷う日本語』)など、全11章で日本語の“常識・非常識”を紹介している。

 同書では、それぞれの章ごとに例題が並び、「○」「△」「×」の3段階のジャッジがなされ、正しい日本語のポイントを解説。たとえば「ゴルフはやられますか?」「頑張って結果を出した」「あのレストランは敷居が高い」。この日本語を読んで、どれにも違和感を持てない人は、日本語力に黄色信号が点滅しているのかもしれない。

1)ゴルフはやられますか?・・・×
「やる」は「する」の俗な言い方であり、尊敬の助動詞「れる/られる」を付けても違和感を伴う。この場合は「する」の尊敬表現「なさる」を使って「なさいますか?」。

2)頑張って結果を出した・・・×
「結果」とは、原因があってこそ出てくるものであり、「良い」か「悪い」を付ける必要。この例文では言葉足らずといえる。また「結果を出せるように頑張る」といった表現もよく使われがちだが、正しくは「良い結果を〜」「これまで以上の結果を〜」といった、修飾する言葉を付けるべき。

3)敷居が高いから、あのレストランは入ったことがない・・・×
「敷居が高い」は、本来「不義理や面目ないことがわかり、その人の家に行きにくい」という意味であり、自分になんらかの非がある場合に使う表現。しかし、最近では「自分には分不相応で手が届かない」という意味だと誤解している人がほとんどだ。しかし、この場合は「格式が高い」が正しい。

 秋は転職や昇進試験などを控え、面接・面談の場に挑むビジネスパーソンも多いのでは? ここぞ! という場面で失敗しないために、言葉のマナーを身に着けよう。

※梅津正樹…NHKでエグゼクティブアナウンサーを経て、現在は獨協大学非常勤講師。アナウンサー時代に用語委員も兼任し、日本語にまつわる番組への出演多数。

>>そろそろ今の会社、限界じゃない?
『顧客満足度の高い 転職・人材紹介会社ランキング』

>>仕事を楽しむ神ワザとは?
マスコミの裏側を知る!働きビト SPインタビュー一覧

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。