ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2013年08月27日 10時00分
コミカルな“麗子お嬢さま”を好演した北川景子(撮影:逢坂聡)
現在公開中の『映画 謎解きはディナーのあとで』より/(c)2013東川篤哉・小学館/『謎解きはディナーのあとで』製作委員会
現在公開中の『映画 謎解きはディナーのあとで』より/(c)2013東川篤哉・小学館/『謎解きはディナーのあとで』製作委員会

北川景子が語る“謎ディ”の裏側 櫻井執事の毒舌は「ちょっとショック」

 毒舌執事と令嬢にして新米刑事の名コンビが殺人事件を解決する公開中の『映画 謎解きはディナーのあとで』でヒロインを務め、今後も出演映画4本の公開が控えている女優・北川景子。ORICON STYLEのインタビューでは、女優として着実なキャリアを重ねてきた北川が、自ら“新境地にしたい”と語った意欲作『謎ディ』の裏側から、仕事の原動力をも語りつくす。

 高校時代よりモデルとして活躍し、テレビドラマの主演を経て2006年に『間宮兄弟』でスクリーンデビュー。そこからわずか7年の間で、今や次世代の日本映画を担う女優の1人へと成長した北川。現在公開中の『謎ディ』は、強豪ひしめく夏休み映画のなかでも初週から公開4週目まで「全国映画動員ランキング」(興行通信社調べ)のTOP5をキープしている。

■櫻井執事の“毒舌”に、思わず素のリアクション「イラッとしますね(笑)」

 2011年に『第8回 本屋大賞』を受賞したユーモアミステリの同作で、北川が演じるお嬢様刑事・宝生麗子は、殺人事件と直面するたびに執事・影山(櫻井翔)に事件の推理を披露し、その都度耳を疑う罵声を浴びせられるというコミカルな役どころ。今回のような“振りきれた役を演じたことがなかった”と明かす北川は、「この役をいただいたときは、喜びと同時に不安もありましたが、この役が新境地になったらいいなという自分自身への期待も大きかった」と、意欲的に取り組んできた。

 同作の人気の秘訣といえば、なんといっても執事・影山が麗子お嬢様を言葉で打ちのめす痛快な毒舌劇。実写版では櫻井が品行方正な雰囲気を一切崩さず、礼儀正しくお嬢様をコケにするシーンが毎回登場し、観る側にとってはクセになる“お約束”のシーンとなった。

 実際に面と向かって罵倒される北川の心境を問うと「影山は毎回違った毒舌で腹を立たせてくれるんです。しかも、櫻井さんの言い方がすごく上手なので、こちらも自然にリアクションができます。何とも言えない絶妙な感じで、人を腹立たせる顔をされるので、素でイラッとしますね(笑)」と、あの“きょとん顔”は演技以上のリアクションだったことを告白。

 「映画のセリフでも『お嬢様の脳みそは難破船でございますか?』とか、『その鈍さにこそSOS、救助が必要でございます』などがあって、一瞬、言われたショックで思考回路が停止しています(笑)。毎回、撮影前に櫻井さんはコレをどんなふうにおっしゃるのかなぁ〜と、想像しながら本読みをしているんですけど、いざ本番になって『そうきたかぁ』って」。ショックを受けたと言いつつも、その笑顔から現場を存分に楽しんでいる様子が伝わってくる。

■宝塚歌劇団で魅せられる理由は「役作り」への真摯な姿勢

 自身の女優人生のなかで“新境地”と語った『謎ディ』をはじめ、北川は常に新しいジャンルに意欲的に取り組み、体当たりで前進してきたように見える。そんな北川にとって、エネルギーチャージともいえるプライベートでの“楽しみ”を問うと、宝塚歌劇団だという。「昨年の3月頃からハマり出して、最近は時間ができると舞台を観に行っています」と目の奥を輝かせる。

 「月に1〜2度行けるか行けないかですけど」と、多忙なスケジュールを縫ってでも毎月劇場へ足を運ぶほどの熱狂ぶり。その魅力については「全員がプロフェッショナルなところです。お芝居にかける想いがとても強い」と、華々しいステージに掛ける演者の想い、真摯な姿勢に学ぶことが多いようだ。

 「衣裳や髪飾り、メイク、舞台装置……すべてにおいてその完成度に驚きました。しかも衣裳や髪飾りなどは各自がリサーチをして“こういう身分だからこういう帽子がいい”と、自分の意見を添えて発注すると伺いました。私は用意された衣裳を着ることがほとんどなので、そういう役作りもあるのかと衝撃を受けました」。これまでも作品ごとに役作りをしてきた北川だが「私はそこまでやっていないなと打ちのめされた感もありましたね」と、謙虚な言葉がこぼれる。その内側に秘めた熱い向上心は、北川のさらなる活躍を期待させた。


>>仕事を楽しむ神ワザとは? 働きビト SPインタビュー
毒舌“執事探偵”を生み出した人気作家・東川篤哉が舞台裏を明かす
>>映画特集『映画 謎解きはディナーのあとで』
2週連続!北川景子スペシャルインタビュー

★コラボアイテムも披露!最新グルメからサブカルまで・・・息抜きネタ満載♪
オリコンCS編集部 公式Facebook!  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。