ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2013年08月08日 09時00分
人気キャラクター“毒舌執事”誕生の秘話を明かした東川篤哉氏 (C)oricon ME inc.
東川篤哉氏の出世作『謎解きはディナーのあとで』。劇場版は櫻井翔&北川景子で現在公開中。

【働きビト】『謎ディ』毒舌執事誕生の裏側「初めて女性読者を意識」

 お嬢様の目は、節穴でございますか――。耳を疑う毒舌を吐く執事・影山とお嬢様刑事・宝生麗子の名コンビが殺人事件に挑む『謎解きはディナーのあとで』(小学館)は、2011年に櫻井翔北川景子で連ドラ化され、現在劇場版が公開中。そこで、ORICON STYLE“Career”では、同作の生みの親・東川篤哉氏にインタビューを実施。脱サラしてから苦節15年。ヒット作に恵まれなかった東川氏の作家人生を変えた「毒舌執事」誕生の瞬間とは?

 大学を卒業して一般企業に就職するも「馴染めなくて(笑)」と辞職。学生時代からその時まで小説を書き上げた経験は無かったが、「失業中は時間があるから、昔から好きだったミステリをたくさん読みました。そのうちに“書けそうだな”と思ったんですよね」と、作家転身を飄々と語る東川氏は、いわゆる“作家先生”とは少し違った雰囲気がある。

■毒舌キャラの“執事探偵”が生まれた理由「女性読者を意識した」

 今では作品が次々と実写化され、『謎解き〜』はシリーズ累計355万部を超えるメガヒットを記録するなど、押しも押されもせぬ人気作家となった東川氏。男女を問わず、幅広い年齢層の読者を惹きつける魅力は“ユーモアミステリ”という作風にあるといえるだろう。この点については「僕自身が、ユーモア要素がないとつまらなく感じてしまうから」と、デビュー作から一貫したこだわりを明かす。

 出世作『謎ディ』も同様に、本格ミステリでありながら主人公たちのケレン味たっぷりな会話劇は健在だ。「この作品は初めて女性読者を意識しました。掲載誌が若い女性向けの雑誌『きらら』(小学館)だったので、女性に受け入れやすいキャラクターをと思って、以前から構想があった“執事探偵”を起用したんです」。

 しかし、なぜ従順であるべき執事が、お嬢様に対して毒を吐くのか?「礼儀正しくて、几帳面で利口。そんな品行方正で、ただただカッコいい探偵という主人公を書き続ければ、僕が退屈してしまう。だから、真逆なことをやらせたかった」と、狙いを告白。思惑は見事に成功し、頭脳明晰にしてヒロイン・麗子のナイト(騎士)のような存在でありながら、時に痛烈な毒舌を吐く執事・影山は、女性ファンの心をぐっと掴んだ。

■人気キャラだからこそ? 悩みの種は“どんな毒を吐くか”

 そして初の実写化となった連続ドラマでは影山役に櫻井を抜てき。事件のトリックを披露する直前に麗子お嬢様(北川)に投げつける痛烈なセリフが、毎回の“お約束”として視聴者を楽しませてきた。しかし、この“毒舌キャラ”こそ、今は悩みの種にもなっているという。

 「キャラクターは明確ですけど、影山には決めセリフが無いんですよね。毎回違った言葉で罵らなくてはならない(笑)。ですから謎解きの前に“コレ”という強いセリフを考えることは、結構苦しくなってきました」と、人気キャラクターに育ったからこその悩みもあるようだ。

 現在公開中の『映画 謎解きはディナーのあとで』では、バカンスに出かけた麗子お嬢様(北川)と執事・影山(櫻井)が、シンガポール行き豪華客船「プリンセスレイコ」号で殺人事件に遭遇。いつもは安楽椅子探偵だった影山が、今回は事件に巻き込まれながらも、隠された悲しい謎を解き明かしていく。同作は今月3日に公開され、オープニング成績は「全国動員ランキング」2位の好発進。夏休みの話題作として注目を集めている。


>>仕事を楽しむ神ワザとは? 働きビト SPインタビュー
毒舌“執事探偵”を生み出した人気作家・東川篤哉の素顔


★コラボアイテムも披露!最新グルメからサブカルまで・・・息抜きネタ満載♪
オリコンCS編集部 公式Facebook!  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。