ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2013年02月19日 15時00分
「ルンバ」「佐川男子」「美魔女」など・・・流行語を盛り込んだ秀作に思わず“いいね!”

恒例「サラリーマン川柳」100選 “いいね!”に“美魔女”など秀作そろう

 第一生命保険は19日、恒例となった『第26回 サラリーマン川柳コンクール』の優秀作100選を発表した。応募総数3万490句から選出された100句の中には「美魔女」、「ワイルドだろぉ」など、2012年の流行語大賞にノミネートされたキーワードも多数。SNSのFacebookの機能“いいね!”を扱ったものは4作品が選ばれ、「『辞めてやる!』会社にいいね!と返される」(元課長)など、意味を逆手にとったサラリーマンの嘆きが寄せられた。

 100選の句をジャンルごとにみると、「流行・話題編」が最多21句で、このほか「夫婦編」(11句)、「職場編」(8句)など身近なテーマが多数。昨年大ブレイクしたスギちゃんの決めゼリフを用いた「ワイルドな妻を持つ俺 女々しくて」(あんこもち)や、10代のポップアイコン・きゃりーぱみゅぱみゅは「風呂にいたムカデ叩けば ツケマツゲ」(おやじパニュパニュ)と雅号にも登場。このほか「妻の言う『うちのルンバ』は 俺のこと」(代替品)、「『美魔女かな?』化粧濃すぎて ただの魔女」(白雪王子)など、悲喜こもごも。

 今年から新たに追加された「IT・通信編」は16句と2番目に多いジャンルに。「父からの友達申請 ひく娘」(ハノイっこ68)と若者文化に踏み出すも、あえなく拒否されてしまう父の悲しみや、「オヤジギャグ いいね!を押すのは中高年」(ヒヤヒヤ父さん26)など、ジェネレーションギャップがチラリ。「俺の愚痴“いいね”ボタンを 妻が押し」(ちゃんなか)と、WEB上でユーザー同士が交わす“いいね!”は、川柳の場では悲哀を象徴するキーワードとして用いられた。

 同コンテストは1987年からスタートし、26周年を迎える。今回の応募総数は、昨年の2万7184句を上回り、さらに14年ぶりに3万台を超えた。19日より「私が選ぶサラ川ベスト10投票」がスタートし、3月19日までWEBサイト、また同社が配布する投票用紙にて受付。どの句がサラリーマンたちの声を代表する作品に選ばれるのか、注目したいところだ。



※川柳、雅号はすべて応募者の表記に従っているため、一部当て字等での表記で掲載しています。
※作品の著作権は、すべて第一生命に帰属しています。無断での転載、使用はご遠慮ください。

■禁無断複写転載
※無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。
 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。