ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2012年09月28日 14時44分
新生銀行『サラリーマンのお小遣い調査30年白書』より

サラリーマンの昼食代平均510円、費やす時間は19.6分

 サラリーマンの昼食代の平均が510円で、昼食に費やす時間が19.6分であることが、新生銀行が発表した『サラリーマンのお小遣い調査30年白書』で明らかになった。同白書は、79年から行ってきた『サラリーマンのお小遣い調査』や、83年・93年・12年に行った『サラリーマンのランチ事情調査』などの内容を再編集してまとめたもの。同調査で、サラリーマンの昼食事情が時代の移り変わりとともに変化していることがわかった。

 同調査によると、79年の調査開始当初の昼食代の平均は565円で、ピークはバブル景気の名残があった92年の746円。ところが、バブル崩壊を機に上下の波を繰り返す下降トレンドが続いた小遣い額に比例し、昼食代も減少。完全失業率が戦後最悪の5.4%で失業者数も過去最多の368万人を記録した02年には、小遣い額はバブル景気以前と同水準の5万4899円まで低下し、昼食代も700円をきって693円まで低下した。

 03年からは、小遣いの不足時には使わずに我慢する人が増え、05年の昼食代は平均571円と500円台に。その後も500円台を推移し、10年には507円という最低額を記録。そして12年はピーク時の約3分の2の510円となり、79年と同水準だった。

 一方、昼食に費やす時間を見てみると、83年は平均33分であったのに対し、93年には27.6分、12年には19.6分と、約30年を経ておよそ3分の2まで減少している。また、12年の調査では「食べない」あるいは「5分以下」という人が4.4%もいたことが明らかに。さらに味やきれいさより安くて近い店を好む傾向が強くなっていることも判明したことから、同行は「サラリーマンのランチタイムは、約30年前よりせわしなくなっているようです」とコメントしている。

【調査概要】
調査名:サラリーマンのお小遣い調査/サラリーマンのランチ事情調査
調査対象:20〜50代のサラリーマン/20〜50代の働く男女
調査期間:1979年〜2012年/1983年・1993年・2012年

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。