ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2012年09月18日 06時00分
岡村隆史 (C)ORICON DD inc.

「夢は世界一周」ナイナイ岡村、小型船舶操縦士免許取得!

 お笑いコンビ・ナインティナイン岡村隆史(42)が、一級小型船舶操縦士免許を取得していたことがわかった。日本テレビ系バラエティ番組『東野・岡村の旅猿2』取材会で、自ら「夢は“世界一周旅猿”。僕、『旅猿』のために一級船舶取りましたから。めちゃくちゃ難しかったですよ」と経緯を明かした。現時点でその腕前を披露する予定はないものの「最悪、タモリさんが亡くなったらタモさんのヨットをもらいます」と皮算用。「いずれくる“世界一周航海”のために今から準備しておきます!」と気炎をあげた。

 ピン芸人・東野幸治と岡村がハンディカメラを持ったディレクターだけを帯同し、台本なしで挑むプライベート旅行記が3ヶ月限定で復活。先輩として毎回行き先を決めている東野は「復活はありがたい話ですけど、岡村くんが日テレで10月からレギュラー番組『ナイナイアンサー』をやるみたいで。そのオファーを渋ってた岡村くんを口説く口実に(旅猿復活)したんじゃないかと思ってます」と予想し、岡村は「いろんな憶測が飛び交ってますけど、ずっとやりたかったのでうれしいです」と素直に喜んだ。

 今回は予算の都合により、国内を中心に周りながら最終目標を「ニュージーランドでキャンプ」に設定。「キャンプはもうかなりやってないので自信ない。天候によっては旅館で舌鼓を打ってるかもしれませんね」と東野が弱音をこぼすと、岡村も「いまはバラエティで無理する時期じゃないですから。『旅猿』で骨折したり谷底に落ちたらダメだと思うんで」と、何かとバラエティでけがが続いていることを揶揄して笑いを誘った。

 同番組では、これまで出川哲朗やジミー大西など多彩なゲストが出演。岡村は、すでに番組復活を嗅ぎつけ出演を狙っているという出川を「いびきと腰が痛くなるから一緒に寝たくない」と一蹴すると、ゲストに「綾瀬はるかさん、上戸彩さん、ガッキー…」と好き勝手に希望していた。

 きょう18日には相方の矢部浩之が仕事復帰。過去に矢部も番組出演したが「肺に穴あいてますから、旅には向いてないんじゃないでしょうか」と笑い飛ばしつつ「彼が『強くなろう、旅に出よう』と思うかもしれないし、そうなったらいつでも受け皿として待ってます」とメッセージを送った。

 『東野・岡村の旅猿2』は、関東ローカルで10月12日より毎週金曜日深夜1時53分〜2時23分で放送。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。