ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2012年09月11日 07時00分
凛々しい刑事姿で主演を務める松坂桃李(写真左)とヒロイン役の杏

松坂桃李、刑事役でゴールデン初主演

 俳優の松坂桃李(23)が、今冬放送の日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」枠(後9:00〜)での特別企画ドラマ『リバース〜警視庁捜査一課チームZ〜』で主演を務めることが10日、わかった。警視庁捜査一課のなかに新設された部隊「チームZ」を中心に、刑事同士のプライドを賭けた聖戦、犯人との頭脳戦を描くサスペンスドラマ。ヒロインを演じる女優・(26)と共に初の刑事役に挑戦する松坂は「これまでの刑事もの以上にスピード感、スリル感のある作品になっていると思います。ストーリーも二転三転していき先の読めない展開になっていますので、最後の最後まで楽しんでいただけると嬉しいです」と期待をふくらませている。

 「チームZ」は、ネットを利用した犯罪、増加する愉快犯的犯罪、グローバル犯罪の急増などに対応するため、警視庁が秘密裏に設立。松坂が演じるのは、葛飾署からチームZに緊急配属された、人を信じて疑うことを知らないポジティブな男・江上亨。終戦直後を舞台にしたNHKの朝ドラ『梅ちゃん先生』などに出演していた松坂は「久しぶりに現代設定の作品に参加するので、最初は少しとまどいました」と明かしつつ「チームZの共演者の皆さんとは地方ロケなどを通して一緒に過ごす時間が長かったので、いい感じのチームワークを築けていますし、それがお芝居の中にも生かされていると思います」と手応え。

 江上の幼なじみで、同じくチームZに所属する佐野希を演じる杏は「刑事役も二年ぶりで、しかも警視庁ならではの捜査一課の赤バッジを付けるのは初めてだったので、嬉しかったです」と大喜び。二度目の共演となった松坂とは「現場でしっかりお芝居を重ねていくうえで、改めていろいろ話せたのも良かったです」と話し、松坂も「恥ずかしいことも恐れない大胆な方。一緒にお芝居をしながら、たくさん刺激をもらっています」とコメントしている。

 本作品で取り上げる事件は、実際に起こった事件や現実に起こりうる事件をシミュレーションし再構築したもので、そのリアリティに満ちた内容で現実世界に警鐘を鳴らしていく。前田伸一郎プロデューサーは、二人の起用理由について「松坂さんは、内に秘めたエネルギー量が無限にあり、求心力の強い人間力に満ち溢れた俳優さん」、「美貌に輝く強烈な眼力と透明感溢れる魅力的な声に加え、鋭い直感力と好奇心旺盛で研究熱心な女優さんだと感じていたので、杏さんの個性を十二分に生かせる役柄は刑事役だと狙いを定めました」と明かしている。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。