ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2012年08月30日 10時19分
「若い人にとって、スネ夫的な生き方は必要だと思いますよ」とスネ夫の魅力を語る『「スネ夫」という生きかた』の著者・横山泰行先生 (C)ORICON DD inc.

『「のび太」という生きかた』の著者が語る「スネ夫」的交流術

 出荷22万部を超えた『「のび太」という生きかた』の続編『「スネ夫」という生きかた』が今月27日に発売された。執筆者は、富山大学の横山泰行名誉教授。ORICON STYLEの取材に対し、御年70歳という横山教授は「何事も“こういう時代だからしょうがない”と考えるのではなく、自分のよさを見つけて積極的に活用し、チャレンジしていくことも大事。若い人にとって、スネ夫的な生き方は必要だと思いますよ」とその魅力を語った。

●スネ夫は自己アピールの達人&人の心を掴む天才

 同作品のキャラクターたちの中でスネ夫の立ち位置は“自慢話が多くて調子の良い奴”という印象が強い。しかし横山教授は「教養があると、実際はブレーキをかける。だけどスネ夫はブレーキをかけないで、思っていることを口にだしてどんどん言う」とスネ夫の特徴を分析。

 「基本的には我々はスネ夫の精神なんですが、世間体や年齢を気にして、人に見せびらかすとか自慢しまくることにブレーキをかける。それでもなぜスネ夫が多くの人たちから関心をもたれるかというと、欲望の実現をいろんな形で実践しているところ。そこがどうしても無視できない存在であるわけです」と語る。

●大人でも参考になる「スネ夫らしい生き方テク」

 実際に、スネ夫の生き方は現実社会において参考になる点が多いという。「自慢話が多いことで知られるお金持ちのスネ夫ですが、彼は近未来で実現できそうなことばかり言っているんです。例えばテレビを発売日より一日早く買った話。聞き手は“明日になれば自分も買えるかも”と考え、関心を持つ。この時間差が彼の最大の売りです」。つまり、自分と次元の違う話ではなく、近い将来共有できる可能性がある話だから、気になって熱心に聞くというわけだ。

 では、スネ夫的な生き方をするにはどうしたらいいのだろうか? 「きっかけがないと眠ったままの状態になることが多いですが、スネ夫のように積極的にいろんな発言や自慢をすれば、眠っていたものが点火したり、気づかされることがある」(横山教授)。不安定な世の中だけに“安定”“平穏”を求めがちな現代人だが、ときには大胆に、ときには積極的に立ち振る舞いや行動を起こす事も必要。職場で、学校で、家で……スネ夫を見習い、さまざまなシーンで自分の長所を生かす努力から始めてみてはどうだろうか。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。