ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2012年07月26日 16時00分
平成25年度前期連続テレビ小説『あまちゃん』のヒロインに起用された能年玲奈 (C)ORICON DD inc.
元気溢れる気合のポーズで意気込みアピール (C)ORICON DD inc.

能年玲奈、朝ドラの起用理由は「不器用さ」 会見でもユニーク発言連発

 NHKは26日、2013年春放送の朝の連続テレビ小説『あまちゃん』のヒロインに女優・能年玲奈(19)を起用したと正式に発表した。チーフプロデューサーの訓覇圭氏は起用理由について「ヒロインにも通ずる不器用さ」と明かし、能年も「普段テンポが遅くて、人と違う時間が流れていたり、話が噛み合わなかったり、話すのが下手だったりするので、そこを伝えられるように頑張りたい」と“不器用さ”を認め、笑みを浮かべた。

 1953人が募ったオーディションを勝ち抜いてヒロインの座を勝ち取った能年。岩手・北三陸で海女さんを目指し、やがては地元アイドルから全国区アイドルに挑戦する主人公・アキ役に「東北の方に元気やパワーを与えられたら」と意気込む。

 出身地・兵庫から所属事務所の先輩・新垣結衣に憧れ、モデルを目指して上京した能年は「道路に鹿が横切るくらいのド田舎から、東京に出てきて、ついて行けなかったところはヒロインとリンクする」と明かし、朝ドラを通じて「兵庫県の星になれるように頑張りたい」と早くも気合十分。

 訓覇氏は「みずみずしさがあって、フレッシュ。キラキラして爽やかな印象があった。不器用な子だけど、エネルギーがあってヒロインとピッタリ」と太鼓判を押し「ヒロインの成長とともに能年さんの成長も見守りたい」。脚本を手がける宮藤官九郎も「不器用だけど、それがいつ爆発するかわからない魅力、可能性を感じる」と将来性に期待を込めたという。

 能年は会見中に早速“不器用さ”を発揮。ステージから降壇する際に、階段につまずいてヒザをすりむき「あちゃ〜」と顔を歪めたほか、コメントでもユニークな発言を連発。「決まったと聞いて、ビックリして興奮して鼻息荒くて空飛べるんじゃないかってくらいだった」「宮藤さんの作品には出たいと思ってたんです。ずっとスクリーン越しに電波を送ってた」など、彼女の発言には終始笑いが耐えなかった。

 今後、約1年にも及ぶ撮影が待っているが、能年は「過酷だとは聞いてます。すごく不安に思うことはあるけど、体は頑丈なので! 倒れそうになっても、意識を失っても、立っていられるように頑張りたいと思います」と華奢な体とは裏腹に屈強な精神面もアピールしてみせた。朝ドラ『あまちゃん』は来年4月1日(月)から放送開始(全156回)。クランクインは9月下旬以降を予定している。

 能年玲奈:2006年にファッション雑誌『ニコラ』でモデルデビュー。今年、第11代「カルピスウォーター」CMキャクターに起用され、現在放送中のTBS系ドラマ『サマーレスキュー〜天空の診療所〜』に出演中。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。